ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】大西裕がサントリー学芸賞を受賞!

【タメ年たちの大活躍!】大西裕がサントリー学芸賞を受賞!

2014 年 11 月 13 日 編集部員 コメント

『先進国・韓国の憂鬱――少子高齢化、経済格差、グローバル化』(中公新書、2014年4月発売)

『先進国・韓国の憂鬱――少子高齢化、経済格差、グローバル化』(中公新書、2014年4月発売)

昭和40年生まれの行政学者・大西 裕が、第36回「サントリー学芸賞」の政治・経済部門を受賞した。先進国・韓国の憂鬱 ―― 少子高齢化、経済格差、グローバル化』(中央公論新社)が評価されたもので、先日紹介したばかりの第9回樫山純三賞(一般書部門)に続いての受賞となる。

 

1979年に創設された本賞は「政治・経済」「芸術・文学」「社会・風俗」「思想・歴史」の4部門に分かれている。毎年、前年1月以降に出版された著作物を対象に選考され、広く社会と文化を考える、独創的で優れた研究、評論活動が顕彰される。

 

受賞に当たって、大西は「本書に取り組むにあたって私が念頭に置いたのは、嫌韓でも親韓でもなく、対象を突き放して、その国の「リアリティ」を日本の読者に提示することでした」とコメント。客観的な立場から関係を考えたことが高く評価された。贈呈式は12月9日(火)に行なわれ、副賞として200万円が贈呈される。

 

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

   

  1. コメントを募集しています。