ホーム > プロデューサーのつぶやき > 49歳のチャレンジといえるかもしれない? イベントマンスリーがスタート!!

49歳のチャレンジといえるかもしれない? イベントマンスリーがスタート!!

2014 年 10 月 3 日 プロデューサー コメント

今週末より4週連続で自社イベントの開催となる。すべての司会進行を担当して気合いを入れてこなす。ゲストを招いてのトークショーなんかもあるから、かなりボリュームのある仕事となる。

まず明後日はカワサキとウチの共催イベント『カワサキ・オーナーズ・アンダー29・ミーティング』を福岡でぶちかます。昨今若いライダーが増えていて、そのカワイイ連中にもっとバイクの楽しさを知ってもらおうと始めたイベントだ。タイトルどおり、29歳以下限定の珍しいイベントだ。僕はカワサキだけの専門誌『カワサキバイクマガジン』を作っている代表として、おっさんなのを無視してしゃべる。一緒に進行をこなすカワイイアシスタントから「おっさん」と何度も呼ばれ、心で泣きながら頑張る(笑)。夏のバイクの祭典『鈴鹿8耐』でスタート前に握手を交わして以来ごぶさたしてしまっている、若きカワサキのエースライダーの渡辺一樹さんとステージイベントをご一緒する。福岡在住の方はぜひ遊びにきてほしいが、29歳以下であることが参加資格だから『昭和40年男』読者はちょっと無理かな(笑)。ただ、会場となる福岡タワーのイベント広場はオープンスペースなので、遠巻きに見ているぶんにはまったく問題なしだぞ。現時点では台風の動きが気になるところだが…。

そして来週は島根県の三瓶まで行って、同じくカワサキとの共催イベントで1998年から大きくは何も変わらず継続している、カワサキのファンイベント『カワサキ・コーヒー・ブレイク・ミーティング』だ。今年最後のカワサキとの共催イベントになる。種も仕掛けもないから、逆に僕のトーク力を入らなければならないから、毎度全力で突っ走っている。今年のカワサキとの共催イベントはコイツで千秋楽となる。

さらに翌週は、ウチが作っている『カワサキ・バイク・マガジン(KBM)』の読者ミーテティングで、単独主催する『KBM祭り』が岐阜県である。普段は広告出稿などでお付き合いいただいているクライアントたちと一緒になってライダーを迎えるのだ。ここにもゲストとして渡辺一樹さんに来てもらうことになっていて、往年のカワサキを支えたライダーでミスターカワサキと呼ばれた男、清原明彦さん通称キヨさんも来てくださる。渡邊さんとは45歳もの年齢差で、このトークショーは僕自身も楽しみだ。

そして仕上げはライダーによる地球愛護活動『Love the Earth』の実行委員会で主催する海岸清掃イベント『Love The Earth Meeting』を静岡県の牧ノ原市で行なう。僕はこの実行委員会の代表を務めているのだ。今回気合いを入れて告知を2パターン作った。

 

 

LTE23-BLTE23-A

 

なんだか静岡県がすご~く近く感じる(笑)。ライダー同士で海岸清掃に汗を流し、午後はトークショーを中心としたステージイベントがある。ここにもキヨさんが来てくれるから、なんと2週連続で偉大なる先輩をお呼びすることになる。

どのイベントもクルマの駐車場があるからバイク乗り出なくても参加できる。バイクにちょっぴり興味があるといった軽い気持ちでの参加も大歓迎だ。そして最終戦となる清掃イベントは、バイク乗りでない方がたくさん来るイベントだ。家族で参加してみんなでゴミ拾いをして、きれいに仕上がった海岸を見て互いに讃えあうなんてステキじゃないか。このイベントはジャンケン大会やチャリティオークションでの賞品もものすごく豪華だから、そっちも狙っていただきたい。子供向けのバイク体験試乗会など、家族で楽しめるようにして待っているぞ。

それにしてもヘビーな10月になりそうだ。各イベントが終わると一目散に東京へ戻って、週明けにはこれも小さいながら主催イベントとなる『昭和40年男』の読者ミーティング『浅草秘密基地』だ。ウィークデイは『昭和40年男』を中心として、バイク仕事や諸々の作業が山積みとなっている。週末はイベントで燃える完全二毛作(!?)の1ヵ月となる。49歳の体力と気力を信じてめいっぱい突っ走るぞ。そんななかで「『昭和40年男』の読者です」とイベント会場でおっしゃってくれる参加者がいたら、でっかいパワーチャージとなる。福岡、島根、岐阜、そして静岡の会場周辺の読者さん、応援よろしくっ!!

 

 

  

  1. コメントを募集しています。