ホーム > プロデューサーのつぶやき > 読者ミーティング『宴』終了。

読者ミーティング『宴』終了。

2010 年 11 月 15 日 プロデューサー コメント

昨日行なわれたイベントの模様を速報するぞ。
初の日曜日開催の不安はズバリ的中した。
「来ないなあ」
5時半を過ぎても読者さんはパラパラと、空席ばかりが目立つ。
昭和40年男にとって日曜の夜は家を出にくいだろうとの予想はあったのだが、何事もトライなのじゃとのぞんだ。
せめて翌日の仕事に差し支えないようにと開始時間を5時半に早めて、
終了時間も9時半に設定したことで工夫を加えたつもりだったが…。

 

6時を回ったところで、イベント会場である『ルースターノースサイド』を含む
2店のライヴハウスを世界で展開(笑)する総支配人、お馴染みロマーリオこと佐藤社長と僕で、
少々寂しい客席を無視してパワー全開トークで温めた。
そのまま、オープニングナンバーである“日本全国酒飲み音頭”で、さらにヒートアップ(ってこの曲でか!?)させた。
続けて撮影した1枚目の乾杯写真がこれだ。

 

うん、やや寂しいが雰囲気は悪くない。
続けて編集部金子のバンド・昭和フォーティーズが、
ソウルフルなキャンディーズナンバーが2曲と男たちの心に響き渡った『どうにかなるさ』を披露した。
しばし歓談コーナーを挟み、22歳の齋藤みっちゃんによる弾き語りコーナーもすばらしかったぞ。
懐かしのナンバー2曲と新しめを1曲という僕のオーダーに
『悪女』と『赤いスィートピー』、そして『おかえり』で応えてくれた。
齢1/2の一生懸命な姿にみな涙を浮かべたのだった。
お母さんが見に来ていたことが少々問題ありだったね(笑)。
愛人と紹介した僕に厳しい視線が突き刺さり、さらに繰り広げられるおばかトークに引きつり、
トドメはバンドの大音量演奏で早々に退席となってしまった(ご来場ありがとうございました)。

 

今回はみなさんの主張をマイクパフォーマンスしてもらい、
それによってみんなで問題を共有化して世の中を変えていこうなどという、仰々しいトライもしてみた。
というのも、雑誌は社会にコミットしていく宿命があり、そのコンタクトポイントを握っているのが我々編集部である。
読者さんとのふれあいの中から問題を聞くことができれば
それを社会へとコミットし変えていけるパワーを持っていると信じてつくっている。
そのためにこうした直接的な出会いの場をたくさんつくっているのである。
主張を放ってくれたのは2人だ。
「誕生日は親に感謝するべきだ。この世に生みだしてくれたのだから」というのが1つ。
別に日中問題がどうこうとかでなくていいのですよ。あったかい気持ちの共有だね。
もう一つは、お父さんが30年以上パン屋をやっているタメ年からの主張だ。
「食パンは3日でカビが生えるものだ。防腐剤などの薬品に頼らなければ
そうなるのは当たり前なのに、今の消費者はカビが生えないことが当たり前になってやがる」
との叫びだ。これにはみんな納得させられた。
いやいや、この類の話は日頃も活字で踊っているもので、知っている人も多いことだろう。
でもね、こうした同じ空気を吸っている中で
しかも自分の父親がずっと信じて作ってきたパンについての主張であるから強いですよ。
リアルの強さですよね。
先日も書いた、その場にいた空気にはかなわないけれど、
でもだから僕たちは誠意を込めてこの主張を伝えていきたいと再確認したよ。

 

ジャンケン大会では最新号の色校正紙というレアな逸品や、
編集部にもあと少々しか残っていない幻の創刊号新品がビニ本仕様で放出されたのだった。
最後はいつものように、生バンド演奏での読者さんの熱唱が続き
9時半に中締めとしたもののけっこうの方々が残り、10時30分に強制終了としたのだった。
参加人数は誇れるものじゃないけれど、とてもあたたかい時間になったと自負しています。

 

正直にいえばイベント開催は苦労だらけで、一銭の儲けどころかすべてが持ち出しである。
さらに、協力していただいた方々にはこれまでも今回も迷惑をかけっぱなしである。
だが、そんな協力者達もなにかが起こることを期待して、またそれ自体を楽しんでくれている。
僕はそれを背負って邁進していくのだ。今は苦しいこの日々が
必ず大きな実りをつける日がくると確信している。
そのために、大切な読者さんとのコミュニケーションは不可欠だから開催を重ねているし、これからも続けます。
動員は増えなかったものの、内容としては過去最高の出来だったと思います。
ご協力いただいたみなさん、そして参加してくれたみなさん、どうもありがとうございました。

 

あっ、今日は浅草秘密基地じゃない。
初の2日連チャンイベントだよーん。
今夜もやるぞー!!!!!!!

  1. avatar
    megu
    2010年 11月 16日 01:05 | #1

    楽しそうな様子が写真で伺えます。
    女子参加率も結構高いんですね。
    17日の昭和歌謡だっけ?はまたまた楽しそうなイベントですが、
    お土産の駄菓子は自分で食べるぞ!!
    子供なんていないし〜〜大人の今でも駄菓子大好きだもんね〜〜

  2. ホントいいイベントだったのですよ。ダメだったのは僕の歌くらいでした。女性が多いのはカリスマギターリスト、ロマーリオ佐藤のグルーピーたちだね(ウソ)。

    avatar
    プロデューサー
  3. avatar
    丙午のオンナ
    2010年 11月 16日 01:22 | #2

    昨日は荻窪での楽しい夜をありがとうございました。
    【創刊号】のビニ本をゲット出来なかったのが心残りです。
    バックナンバーを自力で探し、次回までにはリアル読者になります。

  4. 伝説の創刊号をビニ本にしたのはもちろん僕のアイデアです。
    なにをおっしゃる、あの会場にいたのならスーパーリアル読者ですよ。

    avatar
    プロデューサー
  5. 2010年 11月 16日 02:07 | #3

    宴・そして浅草秘密基地とありがとうございました。

    初めて生バンドの演奏で歌わせていただきましたが、サイコーに気持ち良かったです。
    2曲歌わせていただき、選曲に自画自賛ですが
    想像以上に演奏していただいた方々のレスポンスが他の人に比べ格段に早く
    歌詞カードも見つけられず、ノリと勢いで歌わせていただきました。
    (それだけ選曲が良かったと勝手に解釈しています)

    次は17日(水)の『昭和40年男ナイト』です。

    1点変更点がございます。
    「40代だとわかる証明書を提示していただければ特別サービスさせていただきます」

    と前回発信していただきましたが、

    17日(水)は19:00~23:00までに来店していただいた【全てのお客様に特別サービス】
    させていただきます。

    お誘いあわせの上、是非遊びに歌いに騒ぎに来て下さい。
    心よりお待ちしております。

  6. 2夜連続参加ありがとうございました。さらにイベントの奮発サービスもうれしい限りです。よろしくおねがいします。

    avatar
    プロデューサー
  7. avatar
    にゃんこ
    2010年 11月 16日 11:00 | #4

    飛び入り参加でしたが、楽しかったです♪ありがとうございました。
    とあるBARでたまに生バンドで歌ってるんですが、いつもなら緊張しないのに、音に合わせなきゃとか、急きょ普段歌わない歌だったからか、色々考えてるうちに歌詞が飛んでしまい、間違えてすみませんでしたm(__)m

    もう少し居たかったのですが、日曜日だったので。。。残念でした(TT)
    今度また何かある際は是非行きたいです♪
    皆さまのご活躍をお祈りしてます。

    P.S サンマは持ってませんでしたがワインは持ってました(w

  8. 美しい女性の参加でうれしかったですよ。今度は一緒に歌いましょう。サンマでいじってスミマセンでした(笑)。

    avatar
    プロデューサー