ホーム > プロデューサーのつぶやき > 昭和40年男が挑む熱い夏との戦いは、誓約書から始まる。

昭和40年男が挑む熱い夏との戦いは、誓約書から始まる。

2014 年 7 月 24 日 プロデューサー コメント

取材誓約書この取材誓約書を明日の朝提出することから、この週末の仕事が始まる。“私は”で始まる内容は、取材にあたって危険区域のパドックや報道関係者のみ許される場所へ入る。そこには危険があるのを承知のうえで立ち入ることを希望する。規定を守って取材活動する。ただ、万一事故が発生して、命を落としてもケガしても一切ごねません。といった内容である。これにサインして主催者に提出するのだ。よくよく考えるとずいぶんと怖いことが書いてあるものだ。

明日より3日間は、鈴鹿サーキットで夏のビックイベント『鈴鹿8耐』の取材&イベントMCの仕事だ。今日はカメラバックと大きなリュックサックを背負って、滝のような汗を流しながらクライアントを訪問しながら移動して目的地の鈴鹿のホテルに着いた。

去年の暮れにカワサキ主催の大きなパーティに参加したときのこと、突然の『鈴鹿8耐』復帰参戦宣言がぶち上げられた。そして、ウチの会社と共催というカタチで1998年より展開しているイベント『カワサキ・コーヒー・ブレイク・ミーティング』を鈴鹿サーキットのイベントスペースで展開するというのも同時に宣言された。100回を超える開催を重ねているこのイベントのMCを、僕は1度も欠かすことなく続けてきた。その僕なのだが、この宣言時に初めて聞いた話だった(笑)。あの日か約7ヵ月が過ぎ、ついにその日がやってくるのだ。

僕にプログラムされたイベントは土日に全部で7本!! 長丁場の仕事になるから、体を絞ってのぞんだ方がバテないだろうとダイエットに取り組んだ。若干ながら走り込みも行なったのは、一昨年まで15年続けて取材に来ていたからハードなのは嫌というほどわかっている。そこにイべントトークの仕事が重なるのだから、これまで経験したことのない未知の領域のハードさを味わうことになるだろう。ビビっていることの裏返しが、ダイエット&トレーニングに繋がったのである。

さあ、明日からの3日間が49歳を目前にした僕にとってどんな経験になるのだろう。ここに来てまだビビっているものの、ワクワク感の方が大きい。読者の皆さん、一緒に夏のイベントで盛り上がらないか? 鈴鹿サーキットで持ってるぞ!!

 

 

 

  1. avatar
    ca-ni
    2014年 7月 24日 22:15 | #1

    普通のバイク雑誌とは違う、「昭和40年男」ならではという切り口の記事を期待してますよ!

  2. avatar
    浅野
    2014年 7月 24日 23:10 | #2

    楽しんで、ぶちまけてきて!
    伝わると思うよ、熱い気持ち。
    暑さには気をつけてね(^^;

  3. ca-niさん、ありがとうございます。
    『昭和40年男』で取り上げるかは、結果次第なんです。奇跡が起こることを今は願っているばかりなんですよ。

    avatar
    プロデューサー
  4. 浅野さん、ありがとうございます。ひとつひとつの言葉がすべて染み入るコメントです。おっしゃるままにぶちまけてきます!!

    avatar
    プロデューサー