ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】BUCK-TICKの新譜が初登場4位!

【タメ年たちの大活躍!】BUCK-TICKの新譜が初登場4位!

2014 年 6 月 22 日 編集部員 コメント

news_thumb_BUCKTICK_art20140429今井寿と櫻井敦司の二人の昭和40年男が所属するバンド・BUCK-TICK が6月4日にリリースしたアルバム『或はアナーキー』がオリコン週間アルバムランキングで初登場4位を記録した。

 

1985年に結成されたBUCK-TICKは、日本のロックシーンが急加速し始めた時代、1987年にメジャーデビューをはたした。櫻井はボーカルを、今井はギターを担当し、とりわけ2人は、ステージ上での圧倒的な存在感とパフォーマンスでバンドを牽引した。現在もメンバーは結成時から変わらず、近年13年連続で12月29日に日本武道館でライブを開催するなど、その勢いはとどまることなく、ファンを引きつけてやまない。

 

ニューアルバム『或いはアナーキー』は全14曲を収録。発売初週で1万8,000枚を売り上げ、彼らにとってアルバムのトップ5入りは、07年にリリースした『天使のリボルバー』以来となる。現在、彼らはレコ初ツアーまっただなかで、9月26日に東京・NHKホールでツアーファイナルを迎える。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

  

  1. コメントを募集しています。