ホーム > プロデューサーのつぶやき > 『昭和40年男』がテレビ出演。

『昭和40年男』がテレビ出演。

2010 年 10 月 7 日 プロデューサー コメント

さあさ、お立ち会い。
昨日、来社いただいたのはぬぁんとテレビ局の人なんじゃ。
TOKYO MXという東京都のローカル放送局(?)なのだが
ここのニュース番組で『昭和40年男』が紹介されるのじゃ。
パチパチ。
しかも、雑誌紹介のための映像制作までしてくれ、さらに俺が出演させてもらえるとのこと。
パチパチ。
今のところはあくまで予定なのだが、10月15日の夜8時からのニュース枠でとのこと。
ふっふっふ。
ついに『昭和40年男』の時代が来るようだ。

 

なぜ今回、このような運びになったのか?
それは、担当さんが昭和40年生まれだからである(笑)。
ある日、電話がかかってきて
「創刊号から買ってます」
とのうれしいコメントから始まり、
「広告がまったく入ってないのになんでやっていける?」
と、苦しい質問まで受けたのがファーストコンタクトだった。
そして昨日、事前取材と打ち合わせをかねての来社となったのである。
いやあ、盛り上がったね。タメ年同士の生き方や考え方を共感しあい、
打ち合わせというより酒の入っていない宴のような対談になった。
こんな方と仕事をご一緒できるのは幸せである。

 

でもね、テレビ出演てスッゲー緊張するよ。
以前ラジオで2年ほど、偉そうに音楽を語らせてもらうレギュラーを持っていたのだけど
たったの一度も上手くいったと思ったことはなかった。
さらにBS放送でのバイク討論番組に生出演したときなんか、もうダメダメの極みだったもの。
そもそも写真に撮られることも苦手な俺がテレビで、
しかもニュース番組とはホントどうなることやら。
神頼みでのぞむしかないね。

 

エリア限定ではあるが、YouTube配信に取り組んでいる局なので
もしその放送が配信されれば、インターネット経由でどなたも見ることができる(サイトはコチラ)。
ってさっ、自分で余計に緊張するように語っているじゃないの、バカっ!!
なんとかがんばってみますので、乞うご期待。
というか、緊張でガタガタのタメ年を見られることになるでしょうから、多いに笑っちゃいましょう。

 

詳しいことがわかったらまたここで紹介するので
よろしくお願いします。

  1. コメントを募集しています。