ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】日本全国を3Dで見られる『地理院地図3D』が公開。

【S40News!】日本全国を3Dで見られる『地理院地図3D』が公開。

2014 年 4 月 1 日 編集部員 コメント

地理院地図3D_01

 

国土地理院は、ウェブで見られる『地理院地図』に3D(3次元)で立体的に表示できる『地理院地図3D』を加えて公開した。

 

ウェブサイトでは、地理院地図から配信している地図データ(地理院タイル)と標高データ(標高タイル)を利用して、日本全国の3D地図をさまざまな角度から見ることができる。また、3Dプリンタで出力するためのデータもダウンロードできる。

 

立体地図の表示例(黒部峡谷)

立体地図の表示例(黒部峡谷)

地理院地図3D_03

フルカラーの立体模型(芦ノ湖)

 

 

 

 

 

 

 


 

3Dでの地形図は、地形や地表の状況を直感的に理解しやすく、社会資本の管理や防災業務をはじめ、学校教育等、様々な場面で活用されることが期待されている。商用でなければ、基本的には無料で使用することができるという。

 

地理院地図3D_04

[この地図を3Dで表示]ボタンを押す

地理院地図3D_05

[3Dデータをダウンロードする]ボタンを押すと、データのダウンロードもできる

操作はマウスを前後左右にドラッグするだけで視点を動かすことができ、マウスホイールで拡大・縮小ができる。高低差の少ない箇所でも、高さ方向の倍率を変えて立体的に見ることができる。


 

閲覧環境はInternet Explorer 11、Google Chrome、Firefox、Safariとなっているが、ハードウェア等環境によっては動作しない場合もあるとされている。Mac版のSafariで閲覧する場合には、一部設定変更が必要となり、同ウェブサイトでは詳しい手順が掲載されている。

 

自宅近くの地形を知り防災に役立てることはもちろん、日本全国の山や谷といった高低差のあるところをウェブサイト上で訪ねてみるのも面白いかもしれない。

 

 

   

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。