ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】コールマンのコンパクトに収納できるスマートキャンプシリーズ。

【S40News!】コールマンのコンパクトに収納できるスマートキャンプシリーズ。

2014 年 3 月 23 日 編集部員 コメント

スマートキャンプ_01

コールマン ジャパンは、コンパクトに収納できるドームテント『ウインズライトドーム/W270』など、スマートキャンプシリーズ7点を発売した。

 

このシリーズは、都心のマンションなどに住む人々の保管スペースなどを考え、収納性の高いキャンプ用品として開発されている。近年ではコンパクトカーの流行もあり、こういったレジャーアイテムなどでコンパクト化を望んでいる人は少なくないという。

 

『ウインズライトドーム/W270』 耐水圧は約1,500mm(フロア:約1,500mm)、定員4人用。使用時サイズは約270×240×165(cm)、収納時サイズは約φ22×67cm、重さは約7.1kg。価格は4万4,000円+消費税。

『ウインズライトドーム/W270』
耐水圧は約1,500mm(フロア:約1,500mm)、定員4人用。使用時サイズは約270×240×165(cm)、収納時サイズは約φ22×67cm、重さは約7.1kg。価格は4万4,000円+消費税。

 

『ウインズライトヘキサ/M』 耐水圧は約1,500mm、使用時サイズは約410×430×200(cm)、収納時サイズは約φ13×62(cm)、重さは約2kg。価格は2万2,000円+消費税。

『ウインズライトヘキサ/M』
耐水圧は約1,500mm、使用時サイズは約410×430×200(cm)、収納時サイズは約φ13×62(cm)、重さは約2kg。価格は2万2,000円+消費税。59059

 

軽量素材とコンパクト化を追求した『ウインズライトドーム/W270』は、ファミリー4 人でも使えるアクアブルーのドームテント。同色のタープ『ウインズライトヘキサ/M』と組み合わせることで、さまざまなシーンに合わせて住空間のアレンジを簡単に楽しめる。人気のロースタイルでくつろげるようになっている。


 

スマートキャンプ_05

スマートキャンプ_062013 年度グッドデザイン賞を受賞した『コージーチェア』は、ハンモックのような座り心地とデザイン性を備え、ゆったりとしたロースタイルキャンプをサポートしてくれる。『コージーチェア』の使用時サイズは約52×61×70(cm)、収納時サイズは約12×12×88(cm)、重さは約2.2kg。価格は6,000円+消費税。

 


 

『アルティメイトアイスクーラー』(35L)

『アルティメイトアイスクーラー』(35L)
使用時サイズは、約43×32×29(h)cm、収納時サイズは約43×32×14(h)cm、重量さ約1.4kg。価格は5,100円+消費税。

『アルティメイトアイスクーラー』(20L)

『アルティメイトアイスクーラー』(20L)
使用時サイズは約43×32×39(h)cm、収納時サイズは約43×32×16(h)cm、重さは約1.6kg。価格は6,100円+消費税。


 

保冷力抜群のコンパクトにたためる『アルティメイトアイスクーラー』(35L/20L)や長さ調節も自由自在な『ハンギングチェーン』、そしてキャリーバッグにもゴミ箱にもなる『ポップアップボックス』、暖かみのある明かりでコンパクトな『パックアウェイフロステッドLEDランタン』など、各アイテムを組み合わせることで、統一感のとれたカラーコディネートを楽しめるようになっている。

 

 


 

スマートキャンプ_13スマートキャンプ_12

『ハンギングチェーン』

サイズは約1.4~1.7m 調節可能、重さは約115g、カラビナ 3個付き。価格は1,500円+消費税。

 


 

スマートキャンプ_09

スマートキャンプ_10

『ポップアップボックス』

使用時サイズは約φ30×36(h)cm、収納時サイズは約φ30×9(h)cm、重さは約500g。価格は2,600円+消費税。

 


 

スマートキャンプ_14

 

『パックアウェイフロステッドLEDランタン』

明るさは約100ルーメン、使用バルブはLED、使用電源はアルカリ単三形乾電池×4本(別売)、連続点灯時間:約6.5時間(High)/約14 時間(Low)、サイズは約4.5×6.5×12(h)cm、収納時サイズは約4.5×6.5×8(h)cm、重さは約140g。価格は3,500円+消費税。

 

 

 


 

カラーはアクアブルーとアプリコットの対照的な2色をシリーズカラーとして採用している。本格的なキャンプシーズンを前に、収納性が高く軽量なロースタイルのキャンプ用品にそろえなおす選択肢もあるだろう。

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。