ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】早川いくを「へんないきもの」特別展が開催。

【タメ年たちの大活躍!】早川いくを「へんないきもの」特別展が開催。

2014 年 3 月 19 日 編集部員 コメント

2004年に出版された早川いくを著『へんないきもの』。地球に生息する不思議な生物を、ギャグや皮肉などを交えて紹介している。

2004年に出版された早川いくを著『へんないきもの』。地球に生息する不思議な生物を、ギャグや皮肉などを交えて紹介している。

昭和40年生まれの作家・早川いくをが監修する特別展「サンシャイン水族館×早川いくを へんないきもの展~ナマモノ~」が東京・サンシャイン水族館にて開催されている。

 

早川は多摩美術大学ギフィックデザイン科を卒業後、広告制作会社、出版社勤務を経て独立。2004年に出版した、実在の生き物だが奇想天外な生き物を集めた『へんないきもの』がベストセラーとなり、翌年『またまたへんないきもの』も人気を集め本格的に作家活動へ入った。近著に『取るに足らない事件』(バジリコ)、『へんないきもの三千里』(バジリコ)、『カッコいいほとけ』(幻冬舎)などがある。

 

同展では、深海の掃除屋・ダイオウグソクムシをはじめ、泳ぐのが苦手なロングノーズバットフィッシュやカエルアンコウの仲間など、さまざまな”へんな”生き物たちが大集合する。また早川の語りによる解説もつき、『へんないきもの』の世界観が展開される。同展は3月15日から開催されており、初日から大入り満員の大盛況のようだ。開催は5月25日(日)まで。

 

早川本人のツイッターでのつぶやきによると「生物図鑑でセンターを張れない生き物たちが、ここぞとばかりに己を主張しています」(3月13日付)とのこと。興味のある人は足を運んでみてはいかがだろう。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

       

  1. コメントを募集しています。