ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】米国の電動一輪車『Ryno』が4月から出荷開始。

【S40News!】米国の電動一輪車『Ryno』が4月から出荷開始。

2014 年 2 月 13 日 編集部員 コメント

Ryno_01

米国Ryno Motorsは、電動一輪車『Ryno』を発売し、事前予約分を4月から出荷する。

 

『Ryno』は、25インチタイヤの電動一輪車で、時速16kmで走る。加速させるにはセグウェイに乗る場合と同じように、体を前に傾ければ前進する。停止は体重を後ろに傾けるか、ハンドブレーキを使用する。

 

Ryno_02

一見不安定なように見える一輪車だが、ジャイロセンサーとモーションセンサーが働き、停止時でも倒れることなく安定して乗車できるという。また、20%までの勾配に対応していて、急な坂道でも登坂する能力がある。

駐車させるときは、このように前に倒しておく

駐車させるときは、このように前に倒しておく

 

 

電池は取り外し可能で、12VのDCチャージャーでフル充電に約6時間ほどかかる。1回の充電で約16km(または1時間)連続して最高速度で走ることが可能になっている。また、スマートフォンを充電するための電源もついている。

 

 

 


 

 

開発者で同社CEOのクリス・ホフマン氏によると「公園警備やモールのセキュリティガードが使う乗り物としても関心を持たれている」とのこと。海外ではセグウェイのような、歩行者と車両の中間的な用途で注目されているようだ。

 Ryno_03Ryno_05

 

バッテリーを外した本体の重さは160ポンド(約72.5kg)。価格は5,295ドル。同社のホームページには、追加の費用を払えば、リチウムイオンバッテリーをアップグレードすることもできるとされている。

 

 

   

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。