ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】ついに国内デビュー、スズキ『隼(ハヤブサ)』。

【S40News!】ついに国内デビュー、スズキ『隼(ハヤブサ)』。

2014 年 1 月 22 日 編集部員 コメント

suzuki_hayabusa_01

スズキは、国内外で支持を得ているバイク『隼(ハヤブサ)』の日本仕様を2月10日より発売する。

 

『隼(ハヤブサ)』は、“究極のスポーツバイク”を構想に開発されたスズキの旗艦機種。高い空力特性を持つデザインと、優れた走行性能が特長の大型ロードスポーツバイクとして、1999年より欧州や北米などに向け販売され、近年はインドなど新興国でも人気を集めている。

 

パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト

パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト

 

その海外モデルの『隼(ハヤブサ)』が、ついに国内モデルとして発売されることになった。気になる仕様も日本の認証基準に適合しながら、欧州仕様と同じ最高出力・最大トルクを実現。これは時速300kmオーバーの能力そのままということを意味する。また、国内の二輪車で初めてETC車載器が標準装備される。

 


 

サンダーグレーメタリック/グラススパークルブラック

サンダーグレーメタリック/グラススパークルブラック

パールミラレッド/パールグレッシャーホワイト

パールミラレッド/パールグレッシャーホワイト

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

世界ではこれまで16万5,000台も売れているが、国内での販売はなく、約2万台も逆輸入されてきた。スズキは『隼(ハヤブサ)』を国内で発売することで、大型二輪車の商品を拡充するとともに、ブランドイメージのさらなる向上を図るという。

 

車体サイズは2,190 × 735 × 1,165(mm)、エンジンは1,339ccの水冷直列4気筒DOHC4バルブ。最高出力は197PS/9,500rpm、最大トルクは15.8kgf・m/7,200rpmとなっている。カラーは3種類。価格は156万4,500円(消費税5%込み)となっている。

 

 

   

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。