ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】古田新太が舞台『万獣こわい』に出演。

【タメ年たちの大活躍!】古田新太が舞台『万獣こわい』に出演。

2014 年 1 月 20 日 編集部員 コメント

公演:2014年3月15日 (土) ~2014年4月8日 (火)  作:宮藤官九郎 演出:河原雅彦 出演:生瀬勝久・池田成志・古田新太・小池栄子・夏帆・小松和重 ※地方公演:4月-6月 松本、新潟、名古屋、大阪、札幌、福岡、沖縄、他 予定

公演:2014年3月15日 (土) ~2014年4月8日 (火)
作:宮藤官九郎
演出:河原雅彦
出演:生瀬勝久・池田成志・古田新太・小池栄子・夏帆・小松和重
※地方公演:4月-6月 松本、新潟、名古屋、大阪、札幌、福岡、沖縄、他 予定

昭和40年生まれの俳優・古田新太が3月15日から東京・パルコ劇場で開演する舞台『万獣こわい』に出演する。

 

チケットの入手が困難と言われている『劇団☆新感線』の看板役者である古田は、誰にもまねのできない破天荒な演技をする唯一無二の存在。これまで数々の舞台に出演し、エネルギッシュな迫力ある演技で観客を魅了してきた。映画やドラマにも多数出演し、独特の演技で強烈なインパクトを放っている。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』では、芸能プロダクション社長“太巻”役で登場しドラマを大いに盛り立てたことは記憶に新しい。

 

その古田が、役者仲間の生瀬勝久、池田成志と自分たちがいま一番やりたい芝居を企画して上演しようと演劇ユニット『ねずみの三銃士』を結成。2004年に初舞台『純獣』を行ない、2009年には『印獣』を公演し、いずれもチケッとは即完する人気ぶりを見せ大盛況で幕を下ろした。そして今回、3回目となる『万獣こわい』では『あまちゃん』の脚本を手がけた宮藤官九郎を迎え上演するはこびとなった。古田を筆頭に3人の男たちがどのような舞台を見せてくれるのか注目が集まっている。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

  1. コメントを募集しています。