ホーム > 創刊へのカウントダウン > 第15話 ドリフターズは欠かせない。(2)

第15話 ドリフターズは欠かせない。(2)

2009 年 10 月 6 日 プロデューサー コメント

小学生低学年のころに
お笑い芸人になるという夢を抱いた。
わりと長くつきあった大きな夢である。

 

第一希望はドリフターズのメンバーになることで、
5人のチームワークでドタバタな笑いをつくりだすことに本気で憧れ、
始末の悪いことに、妙な自信まで持っていた。
荒井注さんが脱退して、志村けんさんが加入したときは
「長さんもわかってないなぁ。
なんで俺に声かけないで、あんなおもしろくなさそうな奴入れたんだよ」
と本気で悔しがったほどである。

 

やがてあっさりと志村けんさんの虜になり
教室で東村山音頭を絶叫するころには、
ますます憧れは大きくなり、夢はふくらんでいったのだった。

 

ずいぶんと時間は流れたが、あのドリフターズに会えるかも知れない…。
企画を遂行すること以上に、そこに高鳴りを覚えるおバカ40年男である。
勇んで取材を申し込んだのだった。
が…、ボツだった。

 

もう“あの頃”を振り返るのはやり尽くしてしまったというのが、主な理由のようだ。
そりゃそうだよな、今も現役で突っ張っているんだからね。
でもね、ドリフのみなさんありがとう。
あなた方からまた夢をひとつもらいましたよ。
この本を成功させて、いつか誌面に引きずり出すぞぉー!!!!!!!

  1. コメントを募集しています。