ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】さとうけいいちが『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』の監督を務める。

【タメ年たちの大活躍!】さとうけいいちが『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』の監督を務める。

2013 年 12 月 26 日 編集部員 コメント

2014年初夏公開『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』 (C)2014 車田正美/「聖闘士星矢」製作委員会

2014年初夏公開『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』
(C)2014 車田正美/「聖闘士星矢」製作委員会

昭和40年生まれの映画監督・さとうけいいちが来夏公開の映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』で監督を務める。

 

さとうは1980年代中頃からテレビ番組の美術やアニメーターとして活動を始め、90年代以降はキャラクターデザインやメカニックデザインなども行なう。2005年に初のアニメ監督作『鴉-KARAS』を皮切りに、『TIGER&BUNNY』や『アシュラ』などCGと作画を融合させたアニメ作品を制作する他、NTT東日本テレビCM『ガッチャマン』も手がけている。

 

(C)2014 車田正美/「聖闘士星矢」製作委員会

(C)2014 車田正美/「聖闘士星矢」製作委員会

そのさとうが来夏に公開される映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』でメガホンをとることとなった。『聖闘士星矢』は1985~90年に週刊少年ジャンプで連載され、少年たちから絶大な人気を集めた作品だ。そして来夏、劇場版が10年ぶりにスクリーンに登場することとなった。さとうが新たに蘇らせるスクリーンに解き放つ『聖闘士星矢』にアニメファンの注目が集まっている。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

   

  1. コメントを募集しています。