ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】尾美としのりがNHK土曜ドラマ『太陽の罠』に出演。

【タメ年たちの大活躍!】尾美としのりがNHK土曜ドラマ『太陽の罠』に出演。

2013 年 11 月 30 日 編集部員 コメント

スクリーンショット 2013-11-29 11.58.11昭和40年生まれの俳優・尾美としのりが本日から始まるNHK土曜ドラマ『太陽の罠』に出演する。

 

尾美は1978年に市川崑監督の映画『火の鳥』で子役デビューし、以降、子役としてさまざまな映画やドラマに出演し、17歳で映画『転校生』(大林宣彦監督)の主役のひとりを演じ注目を集めた。そして青年時代は純朴な青年や少し影のある青年などを演じ、現在は生真面目なサラリーマンやエリート検察官や官僚など尾美の持つ真面目な雰囲気によくあった役柄から、粗暴なタクシー運転手やヤクザなどまで、幅広い役を演じている。最近では『あまちゃん』で主人公アキの父親役でを演じ、その絶妙な演技でおおいにドラマを盛りあげた。

 

その尾美が今度は、太陽光発電の最先端技術をめぐって男と女の愛と憎しみが交錯するラブサスペンスドラマ『太陽の罠』に出演する。舞台となるのは太陽光発電で生き残りをかける大手家電メーカー。尾美は、社内で特許マフィアとの訴訟対策室リーダーを務める濱という役で登場する。会社の生き残りをかけて奔走するのだが、ある事件を起こしてしまう。そしてそれが導火線となり熾烈な駆け引きが始まって行く…。物語の鍵をにぎる役を演じる尾美の演技に注目しながらドラマをたのしみたい。放送は今晩9時から。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

  1. コメントを募集しています。