ホーム > プロデューサーのつぶやき > 赤ヘルフィーバーを念じた、初めての裏切り!? 

赤ヘルフィーバーを念じた、初めての裏切り!? 

2013 年 10 月 15 日 プロデューサー コメント

野球少年だったという昭和40年男は多い。プロ野球選手を夢見ながら、幼少期を過ごした者は多いだろう。実際に、プロで大活躍した選手が多いのも、我々世代が野球に情熱と愛を注ぎ込んだ結果なのかもしれない。放課後のコミュニケーションで、もっとも人気が高かったのが断然野球だった。放課後どころか、休み時間も手打ち野球なる“もどき”遊びや、僕らは『挟みっこら』と呼んでいた、ベース2つの間をランナーが行き来するのを、2人の野手が守るなんて“もどき”遊びにも夢中になった。放課後の時間にグワウンドや空き地で、軟式を使った本格的な野球に加えてこれらの遊びも入れると、小学生時代の友達との時間はかなりを野球が占めていたことになる。

 

いつもお世話になっているウチワも、タイガース愛の証なのだが…

いつもお世話になっているウチワも、タイガース愛の証なのだが…

東京下町においてプロ野球とはイコールジャイアンツで、それ以外のファンはかなりの変わり者だった。僕はまさしくその1人で、クラスのみんなが応援している感じが大嫌いでアンチジャイアンツとなり、江夏&田淵を誇る阪神タイガースを愛したのだった。クラスで浮きながらも声をあげた。やがてそのビックスターが抜けて、掛布さんらが支えた時代も大好きで応援を続けた。優勝で湧いた昭和60年に、大阪に住んでいたのは神に感謝したほどだ。優勝へと続く快進撃を本場で感じられたのは、トラキチとしては後々まで宝物のような体験になって胸にしまってある。と、物心ついたときから、ず〜っと阪神タイガースを応援してきた。昔に比べると最近は野球熱が冷めてはいるものの、阪神が上位にいると気分がいいのは変わらない。これからもずっと縦じまとともに歩んでいく僕だ。

だが今回のCSシリーズで、僕は愛するタイガースを裏切り、広島の応援に回った。野球大好き人生を送ってきて、タイガースの対戦相手を応援したのは初めてのことだ。テレビにかじり付いて観ていたわけじゃないが、今回ばかりは広島に上がってもらいたいと念じた。心の原風景となっている、昭和50年の赤ヘルフィーバーを感じてみたい。そしてなにより、楽天田中と広島前田のセパ両エースの投げ合いを、日本シリーズという最高の舞台で観たいのだ。言うに及ばず、今年の田中はプロ野球史上に残る大記録を打ち立てた。一方の前田も、名実共にセリーグトップに君臨する男で、その通りのシーズンを過ごした。田中は今オフにはアメリカに渡るだろう。そしてきっと向こうでも活躍するだろうから、当代きっての奇跡のようなピッチャー2人による日本シリーズは、今シーズンに実現しなければ未来永劫ない。野球世代の僕がこの対決を心底期待するのは仕方ないことで、これは野球ファンなら誰もが同じ気持ちを大なり小なりは持っているんじゃないか。明日からのジャイアンツとの対決も、僕は広島の勝利を念じることで応援に回る。そしてパは楽天よ、必ず上がってこい。

日本シリーズは10月26日に初戦が予定されているから、もし勝ち上がっても僕は〆切で観ることはできないだろう。だが実現したらビデオに収める。結果を知った後でもいいから、2人の投げ合いを目に焼き付けたい。ビデオでも観たいと思わされるカードは、長く野球を愛してきてこれまた初めてだ。さあ、踏ん張れ赤ヘル軍団!! 昭和50年のフィーバーを再現するのじゃ。

 

 

  1. avatar
    忍の後輩
    2013年 10月 15日 20:36 | #1

    私は高校から大洋(現横浜)ファンです。きっかけは、「谷山浩子のオールナイトニッポン」のホエールズ応援コーナーですね。
    それにしても近年は弱過ぎ。