ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍】浅野支店長が今度は倍返しだ!

【タメ年たちの大活躍】浅野支店長が今度は倍返しだ!

2013 年 10 月 1 日 編集部員 コメント

石丸は昨日、都内で行なわれたミュージカル『モンテ・クリスト伯』の製作発表会に出席した。写真中央(グレーのスーツ)が石丸幹二。 (左から)村井國夫、坂元健児、石川禅、石丸幹二、花總まり、濱田めぐみ、彩吹真央

石丸は昨日、都内で行なわれたミュージカル『モンテ・クリスト伯』の製作発表会に出席した。写真中央(グレーのスーツ)が石丸幹二。
(左から)村井國夫、坂元健児、石川禅、石丸幹二、花總まり、濱田めぐみ、彩吹真央

 

昭和40年生まれの俳優・石丸幹二が12月7日から公演するミュージカル『モンテ・クリスト伯』で主演を務める。

 

会見では主演を務める石丸に質問は集まる。

会見では主演を務める石丸に質問が集まる。

石丸は1987年に東京藝術大学音楽学部声楽科に入学し、90年に劇団四季『オペラ座の怪人』ラウル・シャニュイ子爵役でデビューをはたし、91年に東京藝術大学を卒業。

 

卒業後は、劇団四季にて舞台俳優として活動を続け、07年に同劇団を退団し、09年より俳優活動を再開。また舞台のみならず映像の世界へも幅を広げる他、2010年には初のソロアルバム発売しソロコンサート開催と、音楽活動も本格的にスタートさせた。

 

製作発表会では、ミュージカルナンバー『あの日の私』を披露。

製作発表会ではミュージカルナンバー『あの日の私』を披露した。

石丸というと、昭和40年男のなかにも楽しみに見ていた人も多いのではないだろうか。ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)で、主役の半沢直樹の上司役・浅野支店長で登場した。ふだん、どちらかというと善人役を演じることが多い石丸だが、『半沢直樹』では浅野支店長という卑劣な役柄を皮肉たっぷりに演じドラマをおおいに盛り上げた。

 

その石丸が、今度は、復讐に燃える男 モンテ・クリスト役でミュージカル『モンテ・クリスト伯』に主演することとなった。同作の原作は19世紀のフランスでアレクサンドル・デュマが著した新聞小説『巌窟王(がんくつおう)』で、一夜にして正義が入れ替わったフランス革命後の動乱期を舞台に繰り広げられる一人の男の愛と復讐の物語だ。

 

その製作発表が昨日、都内で行なわれ石丸はこれに出席。質疑応答の時間には「どん底からはい上がってくる男の執念や、14年間別れ別れになった最愛の女性と再会した後の心の駆け引きを楽しんでいただけるように役を練り上げていきたい」と舞台にかける意気込みを話した。

 

また、やはり『半沢直樹』の余韻が冷めないせいか、記者からも『半沢直樹』にからめた質問が石丸に集まったのだが、石丸は「今(出向先の)マニラから帰ってきました」と冗談を飛ばし、記者の「半沢直樹では“倍返し”を喰らいましたが、今度は倍返しをする側ですね」という問いには「『半沢直樹』では、(主演の境さんから)顔の接近のさせ方、ツバの飛ばし方、心の宿った目つきなどを教えてもらったので、舞台ではさんざん使わせていただきます」と答え会場を笑わせた。

 

ミュージカル『モンテ・クリスト伯』は12月7~29日まで東京・日生劇場で公演され、来年1月3~5日まで大阪・梅田芸術劇場で、その後、名古屋、福岡でも公演が行なわれる。東京・大阪・名古屋の公演チケットは現在発売中。チケッとぴあでは福岡公演のインターネット先行抽選を実施している(10月3日午前11時まで)。タメ年俳優・石丸の熱演を観に、劇場へ足を運びたい。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

    

  1. コメントを募集しています。