ホーム > プロデューサーのつぶやき > ポケット残金13円。恐怖の牛丼並盛り2杯!!

ポケット残金13円。恐怖の牛丼並盛り2杯!!

2013 年 7 月 2 日 プロデューサー コメント

CIMG1525泊まり込みが続いている。つい先日もこんなことをつらつらと書いた。ちょっと諸々の作業が大変なことになっている僕は、今日は勝負だから朝からスタミナだと牛丼に決めた。「やったねパパ、明日はホームランだ」は、今さらながらいいコピーだなと吉野家に駆け込み、しっかりと280円チャージした。昼はこれも得意のコンビニ弁当だ。セブンイレブンにいくと麺が50円引きだったので冷やし中華にした。最近、セブンイレブンでは必ず何か割り引いていて、庶民にはうれしい。だが、この冷やし中華にビックリさせられたことがある。中蓋のネタケースとでもいえばいいのか、具が入れるために仕切ってあるのだが、その仕切りの1つに驚いた。半分に切ったゆで卵がピッタリとジャストサイズなのだ。ちょっと不気味なくらいで、なんだかブルーになってしまった。卵である。もともと命のスタートである。そのサイズをキチンと生むニワトリさんがいて、そのサイズきっかりに作る中蓋屋さんがいる。ウーム、神様の役割はもう無くなってしまったかなと考え込みながら、400円の昼食をかっ込んだ。

さて、時は流れて夜だ。ちょっと新鮮な空気でもと外へ出てブラブラと歩いた。時計を見ると8時を過ぎていて、そういえば腹が鳴っている。ついでに何か食おうと思ったが、ちょっと空気を吸いにと出たものだから財布を持っていなかった。社に戻って財布を取ってまた出るのは、この時間が無い中でものすごくもったいない。ついさっきお役御免となった神様を復活させて僕は祈った。
「小銭がたくさんあるように。せめて500円1枚でいいですよ」
やっぱり神様は必要なのだとポケットに手を突っ込んで広げてみると、所持金293円也。アレコレと考える。セブンイレブンでおにぎりと手巻き納豆寿司。小諸そばで2枚盛りorたぬきそば。そして牛丼並。昼を少なくしたからガツンといきたいと考えると…。

タイトルでお察しのとおり、明朝までほぼ徹夜ということを考えたら、当然牛丼並となるのだ。かくして、僕は生まれて初めて朝食と晩飯を牛丼並という離れ業をやってのけた。そしてこの日の三食合計費用は960円だった。〆切とはいろんな世界へと連れて行ってくれるものよのう。

 

 

 

  1. avatar
    昭和40年生まれは日本の癌
    2013年 7月 3日 00:46 | #1

    昭和40年生まれは日本の癌なんで、コンビニ弁当やらファーストフードやらをどんどんとって、早く世の中からいなくなってほしいですね。