ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】GPS機能付高機能アウトドアウォッチ『GARMIN fenixJ』

【S40News!】GPS機能付高機能アウトドアウォッチ『GARMIN fenixJ』

2013 年 6 月 1 日 編集部員 コメント

GARMIN fenixJいいよねっと社は、GPS機能付高機能アウトドアウォッチ『GARMIN fenixJ』を6月13日より発売する。

 

高度計(Altimeter)、気圧計(Barometer)、コンパス(Compass)を搭載した多機能時計、いわゆるABCウォッチにGARMINの専門分野であるGPS機能が付いた、新機種で、アメリカBACKPACKER誌やNATIONAL GEOGRAPHIC社などで、賞を獲得した話題のモデルだ。

 

最大50時間稼働する省電力モードで、普段使いでも活用でき、オレンジ色のボタンを押せばGPSからABCウォッチへと切り替えることができる。準天頂衛星みちびき対応なので、アウトドア活動中でもより安定した衛星受信が行なえるのも大きな特徴。

 

さらにフィットネス機能も兼ね備えており、オプションで様々なセンサーとの連携が可能。外気温が測定できるワイヤレス温度計、心拍に関するさまざまなデータを計測するハートレートセンサー、自転車のタイヤの回転数を元にスピードと距離、そして、クランクアームの回転数が計測できるスピード/ケイデンスセンサー、GPS信号の受信できない屋内でもあってもペースや距離、スピードなどのデータを取得できる軽量フットポッドが用意されている。


GARMIN fenixJ GARMIN fenixJ GARMIN fenixJ GARMIN fenixJ


 

日本版モデルには、ナビゲーション時のコンパスページに残距離を表示、ドットリンクで残距離を表示、経由地到着時にポップアップメッセージ表示など、細やかな機能も追加されているという。価格は4万9,800円

 

 

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。