ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】映画『キャプテンハーロック』が今秋公開。

【S40News!】映画『キャプテンハーロック』が今秋公開。

2013 年 5 月 5 日 編集部員 コメント

ハーロック

(C)LEIJI MATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

 

東映は、松本零士が原作総設定の映画『キャプテンハーロック』を2013年秋に全国公開する。

 

(C)松本零士・東映アニメーション

(C)松本零士・東映アニメーション

松本零士が創り出した伝説のキャラクター・キャプテンハーロック。かつて我々昭和40年男を夢中にさせた反逆のヒーローが、今秋、30年の時を経て蘇る。製作は日本を代表するアニメーションスタジオの東映、同社過去最高の総製作費3,000万ドルを投じた大作となる。原作総設定はもちろん松本零士、監督は映画『APPLESEED (アップルシード)』など話題作を手がけてきた荒牧伸志、そして脚本は『Twelve Y.O.』、『亡国のイージス』、『機動戦士ガンダムUC』などで知られる作家の福井晴敏が担当する。物語は現代社会が持つテーマを投影し、ハーロックのキャラクターをさらに深めた内容となっているという。すでに映像の一部が公開されており、迫力あふれるアクションと圧倒的な映像美は、ハーロックファンはもちろん、SF映画好きの間でも話題を集めている。

 

(C)松本零士・東映アニメーション

(C)松本零士・東映アニメーション

1978年に初めてテレビで放映されたアニメ『宇宙海賊キャプテンハーロック』。西暦2977年を舞台に、地球侵略をたくらむ異星人・マゾーンと、宇宙海賊ハーロックと41人の海賊の壮大な戦いが描かれていた。同年には、同じく松本零士が参加・原作を手がけた作品『さらば宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』も放映されており、松本零士ブームを巻き起こしたことはご存知のとおりだ。因みに、5月11日発売の小誌6月号では、我々にとってのSF元年ともいえる昭和53年にスポットを当てている。『宇宙海賊キャプテンハーロック』はもちろん、『スター・ウォーズ』や『未知との遭遇』についても紹介し、宇宙SFブームについて検証しているので、ぜひ読んでほしい。

 

我々昭和40年男にSF世界の面白さを教えてくれた、松本零士作品。今秋公開の映画『キャプテンハーロック』は、どうやら再びスペースオペラの面白さを思い出させてくれそう。今から公開が待ち遠しい1本だ。

 

 

 

      

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。