ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】漫画家・とだ勝之がコミックボンボン同窓会に出演。

【タメ年たちの大活躍!】漫画家・とだ勝之がコミックボンボン同窓会に出演。

2013 年 3 月 29 日 編集部員 コメント

とだが手がけた『コミックボンボン同窓会』のロゴ。開催は3月30日(土)東京・阿佐ヶ谷ロフトAにて。前売りチケットは現在イープラスにて発売中。

とだが手がけた『コミックボンボン同窓会』のロゴ。開催は3月30日(土)東京・阿佐ヶ谷ロフトAにて。前売りチケットは現在イープラスにて発売中。

昭和40年生まれの漫画家・とだ勝之が、3月30日に開催される『コミックボンボン同窓会 2013春』で司会を務める。

 

とだは、1989年に『あきら翔ぶ!!』で月刊少年マガジンに連載をスタートさせ、漫画家デビューする。その後、『DANDANだんく!』(コミックボンボン)、『Mr.釣りどれん』(月刊少年マガジン)、『F.C.ジンガ』(月刊少年マガジン)、『東京スカイツリー公認 マンガ 東京スカイツリーのすべて』などを執筆し活躍を続けている。

 

その、とだが司会を務める『コミックボンボン同窓会2013春』とは、2007年に休刊した『コミックボンボン』(講談社)で90年代~2000年代にかけて活躍した漫画家が集うトークイベント。『コミックボンボン』の創刊は1981年で、当時の人気コミック誌『月刊コロコロコミック』(小学館)に対抗するかたちで企画された少年コミック誌だ。昭和40年男はもうコミック誌は卒業していた頃の創刊だったのだが、小学生の間でも火が点き始めたガンダムやプラモデル、ファミコンなどを題材にした作品を収録し、コロコロコミックと人気を二分した。

 

とだはその『コミックボンボン』で1993年から97年の4年間、『DANDANだんく!』というバスケットボール漫画を連載していた。そして来る3月30日に開催される『コミックボンボン同窓会2013春』では、同時代に同誌で活躍していた岩本佳浩帯ひろ志タモリはタルほるまりんなどをゲストに招き、とだの司会のもと「ゲームのコミカライズ」という題材でトークを展開する。とだの活躍に注目したい。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

    

  1. コメントを募集しています。