ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】元 メジャーリーガー・吉井理人の書籍が出版。

【タメ年たちの大活躍!】元 メジャーリーガー・吉井理人の書籍が出版。

2013 年 3 月 21 日 編集部員 コメント

現在発売中の『投手論』(PHP研究所)/760円

現在発売中の『投手論』(PHP研究所)/798円

昭和40年生まれの元メジャーリーガー・吉井理人の投手哲学を凝縮した書籍『投手論』(PHP研究所)が発売された。

 

吉井は1983年にドラフトで近鉄バッファローズに指名され、入団。88年には抑え投手として活躍し、最優秀救援投手のタイトルを獲得。95年にヤクルトスワローズへ移籍し、先発投手としてチームの日本一に貢献した。97年オフにフリーエージェント権を行使して海を渡り、ニューヨーク・メッツと1年契約。98年4月にパイレーツ戦でメジャー初登板初先発を果たし、初勝利を挙げ、5月には野茂英雄投手に次ぎ日本人メジャーリーガー史上2人目の完投勝利を挙げた。

 

そして2000年にコロラド・ロッキーズ、01年にモントリオール・エクスポズに在籍し、2003年に日本球界に復帰。オリックスブルーウェーブ、千葉ロッテマリーンズで投手を務め、08年に引退。08年からは日本ハム1軍投手コーチ、2軍コーチを務め、09年と12年にはパリーグ制覇を果たしている。

 

 

吉井のオフィシャルブログでは日々のこと、野球についてなど綴られている。2013年からは、北海道放送・FOX SPORTS ジャパンの野球解説などを務めている

吉井のオフィシャルブログでは日々のこと、野球についてなど綴られている。2013年からは、北海道放送・FOX SPORTS ジャパンの野球解説などを務めている

そんな日米野球界を知り尽くしている吉井が、これまで培ってきた吉井流投手哲学をギュッと凝縮した書籍『投手論』では、なぜ150キロの豪速球を投げなくとも先発投手としてメジャーで勝星を積み上げられたのか、どのようにしてダルビッシュ有や吉川光夫らを球界を代表するエースに導いたのか、プロフェッショナルな指導者とはどのようなことなのかなどが全6章で綴られている。メジャーで32勝し、日本ハムを優勝に導いた投手魂とはどのようなものだろうか。ぜひとも読んでみたい。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

 

  1. コメントを募集しています。