ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】1ショットで6種類の画像を記録するカメラ。

【S40News!】1ショットで6種類の画像を記録するカメラ。

2013 年 3 月 12 日 編集部員 コメント

canon Power Shot N

canon Power Shot N


 

キャノンは、コンパクトデジタルカメラ『PowerShot N』を4月25日(木)より発売する。個性的なデザインとクリエイティブショットを楽しめる新シリーズで、オンラインショップでの限定販売となる。

 

canon Power Shot N

canon Power Shot N


新しいタイプのカメラだということは、その外観が物語っている。上下左右がシンメトリーなデザインで、シャッターボタンも見当たらない。ズームリングとシャッターリングが、本体中央部、レンズ周囲にあり、カメラの上下どちらからでも操作が可能。世界初の機能で、リングを回してズームイン、ズームアウト、そして、リングの押上げと押下げでレリーズできるようになっている。また、チルト式液晶パネルは90度動かせるようになっており、どんな角度で構えてもモニターを確認しやすい。レンズを下に向け見下ろしたハイアングル、地面に近い低位置にカメラを据えてのフラットアングル、レンズを上に向け見上げるようなローアングルなどの撮影が簡単で、遠近感や躍動感を出したり、大きさを強調するなど、いろいろな演出をしてみることができる。

 

creativeshot

 

そして魅力的なのは、思いがけぬアートのような写真も仕上がる“クリエイティブショット”機能。キャノン独自のアルゴリズムによって、撮影シーンと画像を解析し、シーンにふさわしい効果を自動処理するというもので、1ショットで6種類の画像を記録する。1回シャッターを切れば、オリジナル画像に加えて、構図や色・光、ボケ味が異なる5枚の画像を自動的に記録してくれるというわけだ。たとえば人物撮影の場合は余白を大きくとったり人物に接近したり、あるいは画像を少し回転させて印象的な構図にしたり…。また建物などのカットは、多彩なフィルターが自動的に選択されて、コントラストによって立体感が出たり、カラーの諧調が変わりちょっとレトロな雰囲気になったりする。

 

また、こうしたカットをすぐに保存したり伝えるためのWi-Fi連携も強化されている。撮影後、“ワンタッチスマホボタン”を押すだけで、あらかじめ登録したスマートフォンに接続・転送が可能。あとはカメラを鞄にしまい、スマホ側だけで写真の保存やSNSへのアップ、カメラの電源をオフにするなどの操作ができる。他にも、あらかじめ登録しておいた人を優先して自動でピントと露出が合わせられる“個人認証”や、笑顔を認識して自動で3枚連射する“笑顔検出”など、より確実に美しく撮影できる機能も豊富に搭載されている。

 

日常の何気ない風景も、自分でも予期しないカットに変えてくれそうなこのカメラ。撮影する楽しみも、サイトで紹介するモチベーションもグンと上がりそうだ。撮像素子は約1,280万画素の1/2.3型CMOSで、レンズは開放F値F3.0-5.9の光学8倍ズーム。背面の液晶モニターは2.8型のタッチパネル式だ。サイズは78.6×60.2×29.3(mm)、重量約195g。ジャケットとネックストラップは全部で5種類あり、マルチボーダー、ブルー、サクラパール、ブラックは価格2万9,980円、マルチボーダージャケットにビンテージブラウンのネックストラップは500セット限定モデルで、価格は3万2,980円。

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。