ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】世界最小・最軽量のデジタルカメラ。

【S40News!】世界最小・最軽量のデジタルカメラ。

2013 年 3 月 5 日 編集部員 コメント

DSC-WX300

 

ソニーは、光学20倍ズーム搭載で世界最小・最軽量のデジタルカメラ『DSC-WX300』を3月15日(金)から発売する。

 

同製品は光学式ファインダーを搭載したWXシリーズに属するWX100の後継モデル、今年1月に発売された『WX200』が、さらに進化した最新商品だ。前モデル『DSC-WX200』の一番の違いは、搭載している光学ズームで、10倍から20倍になっている。また、大容量のバッテリーの採用によって、撮影可能枚数が最大220枚から、2倍以上の約500枚となったこともうれしいところだろう。

 

新商品のサイズは96.0×54.9×25.7(mm)で、重さは約139g。光学20倍ズーム搭載のカメラとしては、世界最小、最軽量だ。同じ20倍の『DSC-HX30V』のサイズが106.6×61.9×34.6(mm)、重さ約221gだったから、コンパクト化は確実に進んでいる。機能面の向上も見逃せない。『DSC-HX30V』と比較して、望遠撮影時の手ぶれ補正効果は約2倍、高倍率ズーム時のオートフォーカス速度は約3.6倍に高速化しており、暗い場所でも被写体をより迅速に捉えられる。これならば、スポーツや野鳥の撮影も今までよりうまく撮れそうだ。

 

また、WXシリーズでは初めてWi-Fi機能を搭載。スマートフォンやタブレット端末から遠隔操作しての撮影もでき、集合写真の撮影の際にカメラの画角を調整したり、撮影した画像をそれらの端末に転送することもできる。

 

フラットで高級感のあるデザインや、ブルーやレッド、ブラウンなどのカラーバリエーションもある『DSC-WX300』。手軽におしゃれに、それでいて上手く撮りたいなどという、昭和40年男世代の欲張りな要望にも応えてくれそうだ。

 

『DSC-WX300』は、ブラックホワイトが3月15日(金)から、ブラウン、ブルー、レッドは4月5日(金)からの発売。予想実勢価格は3万2,981円。

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。