ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】『あしたのジョー』がキャラメルコーンのパッケージに!?

【S40News!】『あしたのジョー』がキャラメルコーンのパッケージに!?

2013 年 3 月 4 日 編集部員 コメント

キャラメルコーン

 

東ハトは、ちばてつや、川崎のぼる、ゆでたまごの3人のマンガ家とコラボしたパッケージの『キャラメルコーン』を、3月25日(月)から発売する。スナックの多きさが通常の約3倍、味はチョコレート味、アップル味、たまごプリン味の3種類の期間&エリア限定商品だ。

 

キャラメルコーン『キャラメルコーン』と聞けば、昭和40年男なら、独特の食感と共に「とうハト、キャラメルコ~ン」というCMのメロディが頭のなかを流れるのではないだろうか。同商品が誕生したのが1971年だから、小・中学校時代のお気に入りのおやつだったという人もいるだろう。当時は、赤色のパッケージ中央部分にキャラメルコーンが描かれていて、中に入っている商品の形をそのまま伝えるものだった。現在はご存知のような青い瞳の真っ赤なキャラクターのパッケージで、これは2003年に中田英寿らのアイデアでリニューアルされたものだ。今回のような期間限定、マンガ家とのコラボパッケージは一昨年の商品誕生40周年記念からで、2011年には藤子不二雄Aやさくらももこ等のマンガ家、2012年は赤塚不二夫、高橋留美子等がパッケージに顔を描いて話題を集めた。

 

 

キャラメルコーン

コラボ3回目となる今年は、川崎のぼる、ちばてつや、ゆでたまごの3人がパッケージに顔を描く。昭和40年男にとっては馴染みの、もちろんそれ以外の世代にとっても国民的なマンガ家たちである。川崎のぼるの『巨人の星』シリーズや『いなかっぺ大将』、ちばてつやの『あしたのジョー』、『おれは鉄平』、そして、ゆでたまごの『キン肉マン』etc…。昭和40年男ならば、昭和40~50年代、そして60年代までと、雑誌のマンガやテレビアニメなどを通じて彼らの作品を夢中で追いかけたのではないだろうか。

 

3人が描いた『キャラメルコーン』の顔は、それぞれのマンガのキャラクターが凝縮されており、特徴のある瞳と活き活きした表情は、『キャラメルコーン』もまるで動き出しそうなぐらいだ。今回の限定商品、昭和40年男ならばきっとパッケージを見ているだけで心が弾み、『キャラメルコーン』を食べて元気が出そうだ。

 

『川崎のぼる でっかい! キャラメルコーン3倍・チョコレート味』は、北海道・九州・中四国エリアから、『ちばてつや でっかい! キャラメルコーン3倍・アップル味』は関東・東北・甲信越から、『ゆでたまご でっかい! キャラメルコーン3倍・たまごプリン味』は関西・東海・北陸から販売が始まり、いずれもエリアは順次拡大される。予想販売価格はどれも130円前後。

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。