ホーム > プロデューサーのつぶやき > 『大阪ミナミ秘密基地』で会いましょう。

『大阪ミナミ秘密基地』で会いましょう。

2013 年 1 月 29 日 プロデューサー コメント

大阪ミナミ秘密基地

 

 

毎度バカバカしく、タネも仕掛けも色気もなく展開している『浅草秘密基地』は、今年も順調に開催を繰り返している。そして、これに対抗すべく大阪の飲食スペース『CROSS BEAT Hommach』が立ち上がり、『昭和40年男』と共催のカタチで『大阪ミナミ秘密基地』を華々しくぶち上げたのは記憶に新しい、去年の暮れのことだった。参加人数は予想よりも寂しいものだったが、参加者同士の絆とまでいうとおおげさかもしれんが、胸にあたたかいものを残したすこぶるいい夜だった。これはいいイベントになると感じ取ってくれた『CROSS BEAT Hommach』は大赤字だったにもかかわらず、2回目の開催を決定してくれた。その日がいよいよ迫ってきて、予約も入り始めた。

本家の『浅草秘密基地』は、イベントというより毎週月曜日にオープンする読者の店といった雰囲気を目指していて、「また来たよー」とか「出張できました」なんて気軽さをウリにしている。僕からは編集に関わる相談をさせてもらったり、参加者同士の困ったことを解決させたり、悩みを語り合ったり…。だが、ほとんどは笑いあうことに終始している。語らい笑いあうという点では大阪も変わらないが、大きな差異はある。なんてったって飲み放題のフード付き、さらにビンゴでは豪華賞品があたるという太っ腹な内容なのだ。DJが入り、昭和の名曲ばかりがパワープレイされる。ステージを使った“芸”の数々が即興で繰り広げられたりと、始まりから終わりまで盛りだくさんの内容で喜ばせてくれる。そのいたるところに笑いがあり、きちんとしたオチがあるのがさすが大阪なのだ。

僕が『大阪ミナミ秘密基地』の開催に気合いを入れているのは、これがモデルケースとなり他の街に飛び火してくれないかとの目論みもあってのこと。名古屋では半年に1度、福岡では年に1度といった感じで、いろんな土地のタメ年を中心としたコミュニティができれば、雑誌の企画にも役立つし、なんてったって楽しい。そうやって人が集れば、ビジネスやコラボ企画が生まれやすくなる。昭和40年男たちを中心とした、日本元気計画だ。これは創刊時から目指していたことで、リアルのコミュニケーションからそれまでなかった何かが生まれていくこと。そのハブのような存在に『昭和40年男』はなりたいのである。

そんな企みが詰まった『大阪ミナミ秘密基地』に、ぜひ皆さん足を運んでください。なんでも東京から弾丸ツアーがあるとかないとか? この辺も楽しみですなあ。キャパが50程度なので、遊びにきてくれることが決まった方は予約を入れて欲しい。問い合わせ、連絡先は06-4708-8988(19時〜23時/月曜日定休)まで。では、皆さんと会えるのを楽しみにしています。

 

 

 

  1. コメントを募集しています。