ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】銀座で養蜂プロジェクト。

【タメ年たちの大活躍!】銀座で養蜂プロジェクト。

2013 年 1 月 21 日 編集部員 コメント

『銀座ミツバチ奮闘記―都市と地域の絆づくり』 (高安和夫著/清水弘文堂書房) 1,680円

『銀座ミツバチ奮闘記―都市と地域の絆づくり』 (高安和夫著/清水弘文堂書房) 1,680円

昭和40年生まれのNPO法人「銀座ミツバチプロジェクト」の理事長を務める高安和夫が、自身の活動をまとめた書籍『銀座ミツバチ奮闘記 都市と地域の絆づくり』を出版した。

 

千葉県出身の高安さんは大学卒業後、1999年に農業生産法人アグリクリエイトへ入社し、2003年に同法人東京支社の支社長に就任した。その後、04年に食や農をテーマにした勉強会「銀座食学塾」を設立し、2ヶ月に1度シンポジウムや交流会を開催。その活動で出会った養蜂家や銀座で働くビジネスマンらとともに「銀座ミツバチプロジェクト」を立ち上げ、銀座のビルの屋上を活用し、養蜂活動をスタートした。

 

高安さんらは銀座の街の生態系やミツバチの特性や飼育法などを学びながら地道に活動を続け、7年目を迎えた昨年は、840キロのハチミツを採取するまでに至ったのだそう。そしてこのハチミツは“銀座産”のハチミツとして、松屋銀座、ホテル西洋銀座などでスイーツの材料に利用されるている。

 

この高安さんたちの養蜂活動をまとめた同書では、銀座の都市養蜂と屋上緑化の舞台裏を紹介している。興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。また春になればミツバチの動きも活発になり、高安さんたちがつくる屋上農園で飛び回る姿を見ることができるようになるとのこと。近くの人は足を運んでみてはいかがだろう。

 

このコーナーでは、昭和40年生まれの活躍を紹介しています。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

 

  1. コメントを募集しています。