ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】文筆家・松浦弥太郎の著書が出版。

【タメ年たちの大活躍!】文筆家・松浦弥太郎の著書が出版。

2013 年 1 月 19 日 編集部員 コメント

『40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩ために』(PHP研究所発行/松浦弥太郎著 1,260円)

『40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩ために』(PHP研究所発行/松浦弥太郎著 1,260円)

昭和40年生まれの文筆家・松浦弥太郎が書いた『40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために』が出版された。

 

松浦は18歳で渡米し、アメリカの書店文化にひかれ、帰国後、1996年に東京・中目黒に『エム&カンパニーブックセラーズ』を開店する。その後、『カウブックス』を中目黒と青山にオープンさせ、執筆や編集活動も行なう。2006年には雑誌『暮らしの手帖』の編集長に就任し、『軽くなる生き方』『ハローグッパイ』『愛さなくてはいけないふたつのこと』『新しいお金術』などの著書の他、チェコの絵本作家M.サセックの旅絵本シリーズ『ジス・イズ・パリ』などの翻訳も手がけている。

 

その松浦の新著『40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩ために』は、松浦自身が40歳を迎えたときに抱いた「これから、どのように生きればいいのだろう?」「なにを人生のゴールとし、人生のピークをどこに持っていけばいいのだろう?」という疑問を読者と共有し、考えていくというもの。松浦が得てきた経験と考察から紡ぎだされた40代からの人生での振る舞い方をはじめ、人生の最期についてまで触れられている。昭和40年男にとっては、40歳を6年、7年と経た今だが、興味のある人は読んでみてはいかがだろうか。新たな気づきがあるかもしれない。

 

このコーナーでは、昭和40年生まれの活躍を紹介しています。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

       

  1. コメントを募集しています。