ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】手軽に5.1チャンネルサウンドを再現するシアターシステム。

【S40News!】手軽に5.1チャンネルサウンドを再現するシアターシステム。

2012 年 10 月 23 日 編集部員 コメント

DHT-S413

 

デノンは、フロントスピーカーだけで5.1チャンネルサウンドを再現するサラウンドシステム2モデルを10月中旬より発売する。価格はオープン、実勢価格は『DHT-S313』が3.5万円前後、大画面向けの『DHT-S413』が4.5万円前後の見込み。

 

5.1チャンネルのサラウンド再生を、視聴位置前方に設置したフロントスピーカーとサブウーハーだけで再現可能な“ドルビーバーチャルスピーカー”機能を搭載しており、後方に配置するサラウンドスピーカーを設置することなく手軽にテレビのサウンドをグレードアップできるのが特徴。2チャンネルステレオ音源を、5.1chサラウンドに拡張する“ドルビープロロジック II”も搭載されており、ステレオ音源でもサラウンド視聴することが可能だという。

 

また、重厚なサウンドを再現する独立サブウーハーも採用。内蔵された低音専用スピーカーが、映画だけでなく音楽の再生時にもサウンドにずっしりとした厚みを加える。このサブウーハー部には各チャンネル25W×4チャンネルの総合100Wのハイパワーアンプを搭載し、迫力のサラウンド再生を実現する(DHT-S313)。

 

32型以上に合わせた『DHT-S313』と、40型以上の大画面テレビ用の『DHT-S413』の2機種をラインナップ。家庭のテレビ音声を手軽にグレードアップができるだけでなく、高音質なデジタル放送の音声を余すところなく再現できる本システム。ちょっとこだわりたいけど面倒なのは嫌、という人には最適といえそうだ。

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。