ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】中日・山本昌投手が復活!

【タメ年たちの大活躍!】中日・山本昌投手が復活!

2012 年 9 月 13 日 編集部員 コメント

自身の公式HPでこの日の登板を振り返り、山本は「何とか5回までゼロに抑えられてホッとしています。ただ、6回は投げ切らなきゃダメですね。後のリレーも変わってくるし。相手の能見君も調子よさそうだったし、自分がもう少し粘ればチームの勝機もあったのではと思うと残念です。また次、頑張ります。 」と綴っている。

昭和40年生まれの中日・山本昌投手が、8日(土)ナゴヤドームで阪神19回戦で先発した。

2軍で調整していた山本(先日コチラで紹介)は、7月12日の阪神戦以来の先発で、8日の阪神戦で2ヶ月ぶりに1軍マウンドに上がった。この日の山本は、キレのある直球と鋭い変化球を投げ込み、3回には135km/hの直球で8番藤井彰を空振り三振に、4回にも1番大和をストレートで空振り三振で仕留め、今季最速の138km/hもマークした。その後、6回に大和に二塁打を放たれ、鳥谷に四球を与えたところで山本はブランコにボールを渡し、5回1/3を投げ5安打無失点でマウンドを降りた。

先発の役目をはたした左腕は試合後、日刊スポーツの記事(2012年9月9日9時55分 紙面から)によると「今日ぶざまな投球だったら、最後になると思ってマウンドに立った。KOされたらハッキリ(引退を)言うつもりだった」とユニホームを脱ぐ覚悟で挑んでいたことを打ち明けたのだそう。山本はチーム事情により出場選手登録を抹消されるが、自身にとっては現役続行へ光が見えたのではないだろうか。昌さん、またマウンドでバシバシと投げ込む姿を見せてください! 楽しみにしています。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

  1. コメントを募集しています。