ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】映画監督・樋口真嗣がユビキタスエンターテインメントの研究部門に参加。

【タメ年たちの大活躍!】映画監督・樋口真嗣がユビキタスエンターテインメントの研究部門に参加。

2012 年 8 月 28 日 編集部員 コメント

本誌Vol.6の「タメ年たちのスゴいヤツ」にも登場してくれた樋口。昨年、東日本大震災を配慮し公開をしていた『のぼうの城』も11月2日に公開が決まり、こちらの公開も楽しみだ

昭和40年生まれの映画監督・樋口真嗣が、株式会社ユビキタスエンターテインメント(UEI)のCVOとして招聘されることが発表された。

樋口は1995年『ガメラ 大怪獣空中決戦』で特技監督を務め、日本アカデミー賞特別賞を受賞し、2005年には実写『ローレライ』を監督、06年『日本沈没』、07年に『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』、08年『隠し砦の三悪人』、09年『エヴァンゲリオン新劇場版:破』などを手がけており、今秋公開予定の『のぼうの城』でも監督を務めている。実写、特撮、アニメーション、CGなどすべてをこなつ監督として活躍を続けている。

その樋口の豊富な経験が買われ、樋口はCVO(チーフ・ビジョナリー・オフィサー)として、UEIで、スマートフォン向けユーザーインターフェイスやゲームエンジンなどの研究開発部門などにおいて、製品デザインはもとより、コーポレートアイデンティティなどの最終決定に関わっていくこととなる。樋口の活躍に注目したい。

 

■樋口真嗣(@higuchishinji)on Twitter

■公式HP『すきまきらい日誌

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

     

  1. コメントを募集しています。