ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】芸術家・ヤノベケンジが制作した像が福島空港に展示。

【タメ年たちの大活躍!】芸術家・ヤノベケンジが制作した像が福島空港に展示。

2012 年 8 月 17 日 編集部員 コメント

昭和40年生まれの現代芸術家・ヤノベケンジが、原発事故からの再生の願いを込めて制作した『サン・チャイルド』が福島空港のロビーに展示されている。

 

原発事故後、ヤノベは「再生・復興を目指す人々と世界に向けて力強い勇気と希望を贈りたい」と願いを込めてこのモニュメントを制作した。京都造形芸術大学の学生とともに制作した『サン・チャイルド』(右の写真)は、高さ約6メートル、重さ約1トンあり、黄色の防護服を着てランドセルを背負った子供の像だ。

 

サン・チャイドルは、青い瞳を輝かせ、空を見上げている。胸にはガイガーカウンターが付けられ、その数値には「0」と表示されている。この数値「0」と黄色の防護服には、防護服を脱いでも生きていける世界を希求し、いつの日か放射線量がなくなる世界がきてほしい、そんな願いが込められているのだとか。

 

ヤノベは以前に、自身のtwitterでこのようにつづっていた。「僕がここに作品を持ってきたのは、福島の皆さんに見てもらうためではありません。この福島の地から、福島の皆さんと一緒に世界に向けて発信するために、『サン・チャイルド』を運んできました」と。展示は9月23日まで福島空港のロビーにされているので、機会のある人はぜひ足を運んでみてほしい。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

■ヤノベケンジ(@yanobekenji)on Twitter

YANOBE KENJI ARTWORKS

 

    

  1. コメントを募集しています。