ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】『Nikon1』のJシリーズがリニューアル。

【S40News!】『Nikon1』のJシリーズがリニューアル。

2012 年 8 月 13 日 編集部員 コメント

 

ニコンは、レンズ交換式アドバンストカメラ・Nikon 1 Jシリーズに新たなラインナップとして『Nikon 1 J2』を加える。発売は9月の予定。

 

 

昨年10月に発売された『Nikon 1 J1』


 

昨年10月に発売されたNikon 1シリーズは、オリンパスのPENシリーズ、SONYのNEXシリーズ、パナソニックのLUMIX Gシリーズ、キヤノンのEOS Mなど、いわゆるミラーレス構造のレンズ交換式デジタルカメラに属するモデル。ニコンがNikon1を発売した後もしばらく様子見状態で参入を見送ってきた一眼レフメーカーの一方の雄であるキヤノンが『EOS M』シリーズで正式参入した今、最も盛り上がりを見せているカテゴリといっていいだろう。

 

 

本機では『Nikon 1 J1』の持つ有効1,015万画素のCMOSセンサー、フルHD動画記録機能、画像処理エンジン「EXPEED 3」、最高ISO6400での撮影機能などを踏襲しつつ、各種撮影・再生モードを追加し、液晶モニターの高解像度化を図っているのが主な特徴。さらにカラーバリエーションも増やしている。

 


 

従来モデルが持つ4つの撮影モードに加え、新たに“クリエイティブモード”が追加され、撮影前に夜景・夜景ポートレート・逆光・かんたんパノラマ・ソフト・ミニチュア効果・セレクトカラー・露出モードの全8種類の画像効果を設定するだけで、多彩な表現を楽しめるという。ハード面では、ダイヤルや操作ボタンの大型化によって操作性を向上している他、レンズのズーム操作によるカメラ電源オン・オフ切り換え機能を搭載。電源ボタンを押さなくても、レンズの沈胴・展開時に連動して電源のオン・オフ切り換えができるため、撮りたいときにすぐに起動させることができ、撮影後もスムーズにレンズを収納して次の動作に移れる。また、背面の3型液晶モニターは約46万 → 約92万ドットとより高精細となっている。

 

 

価格はボディ単体(黒/白)で6万5,000円前後、『NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6』が付属する標準ズームレンズキット(赤/白/桃)が7万5,000円前後、標準ズームレンズキットに加え『NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6』も付属するダブルズームキット(赤/黒/白/銀/桃/橙)が8万5,000円前後の予定。なお、『Nikon 1 J1』も併売されるとのこと。

 

 

   

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。