ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】3人の昭和40年男が出演中のミュージカルが上演1,000回を達成。

【タメ年たちの大活躍!】3人の昭和40年男が出演中のミュージカルが上演1,000回を達成。

2012 年 8 月 8 日 編集部員 コメント

中段・真ん中がヨーゼフ役を演じる岡田浩暉、下段・右がルキーニ役の高嶋政宏、その左隣がトート役の石丸幹二。

昭和40年生まれの役者・高嶋政宏石丸幹二岡田浩暉が出演中のミュージカル『エリザベート』が、8月4日、愛知・中日劇場の昼の部で上演回数1,000回を達成した。

『エリザベート』はウィーンでの初演から20年を迎えるミュージカルで、19世紀末に生きたオーストリア皇后エリザベートの波乱の生涯を、架空の存在であ る“トート(死)”との愛憎を軸に描きだす物語だ。日本でもとても人気の高いミュージカルで、宝塚歌劇団と東宝で連続公演をしていて、今回の東宝製作のエリザベートは2000年からの連続公演となる。

劇中で石丸は黄泉の帝王・トート役を、高嶋は皇后暗殺者ルイジ・ルキーニ役を、岡田はオーストリア皇帝・ヨーゼフ役を演じている。なかでも、ヒロインのエリザベートや、エリザベートを死の世界へ誘うトートはダブルキャスト、トリプルキャストで演じられているが、ルキーニ役の高嶋はシングルキャストでこれまで1公演も欠かさず1,000回の公演に出演してきている。高嶋は「初演はあまりの大変さに、舞台袖でゼイゼイ言いながらやっていましたが、いまではこれほどリラックスする役はない」とコメントをしている。

 

ミュージカル『エリザベート』の公演は、8月26日(日)まで名古屋・中日劇場で上演し、9月1日(土)から28日(金)は大阪・梅田芸術劇場で上演される。まだ観たことのない人はぜひ一度この人気ミュージカルを見に足を運んでみてほしい。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

  1. コメントを募集しています。