ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】これからは名刺管理もデジタル化。デジタル名刺ホルダー『ピットレック』

【S40News!】これからは名刺管理もデジタル化。デジタル名刺ホルダー『ピットレック』

2012 年 8 月 7 日 編集部員 コメント

キングジムは、名刺を読み取ってデジタル情報として活用できるデジタル名刺ホルダー『ピットレック』の新製品を9月14日(金)より発売する。

 

『ピットレック』は、本体に内蔵するカメラで名刺を撮影して名刺情報を読み取り、管理・活用することができるデジタル名刺ホルダーである。今回発売される『ピットレック DNH11』は、液晶パネルに高精細なワイドVGA液晶を新たに採用し、細かい文字の閲覧性を向上させている。また、本体同士のデータ通信で名刺の交換ができるデジタル名刺交換機能や、文字認識機能(OCR)で読み取ったテキスト情報をQRコードに変換する機能を新たに追加。さらに、OCRの対応箇所を従来の4項目(会社名・氏名)から、住所や電話番号など名刺情報のほぼ全てを網羅できる12項目へと大幅に増やしている。

 

保存枚数は、付属microSDカード(2GB)に、約7,000枚分の名刺が登録でき、市販のmicroSDHCカードを使えば、最大9,999枚(データサイズ約3.5GB)のボックスを最大120個まで作成可能だ。そして、登録した名刺のデータは、同梱のPCソフト『PITREC on PC 2』を使えばより簡単に管理・編集できる。また、本体とパソコンの直接接続が可能になり、わざわざ本体からSDカードを取り出す作業と不要になっているのも進化している点だ。電源は専用のリチウムイオンバッテリーで、バッテリー充電時間は約6時間とされている。

 

名刺の管理に苦労しているビジネスマンなら、持っていて損はしない一品といえそうだ。本体寸法は122×62×13(mm)、重量は約95g(リチウムイオンバッテリー含む)。希望小売価格は2万7,300円。

 

 

 

 

カテゴリー: S40ニュース!