ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】キャラクターデザイナー・篠原保が描いたモンスターが世界配信スタート。

【タメ年たちの大活躍!】キャラクターデザイナー・篠原保が描いたモンスターが世界配信スタート。

2012 年 7 月 22 日 編集部員 コメント

『ダークサマナー』の公式Webサイトでは篠原の作品を見ることができるのでぜひチェックしてみてほしい

これまで数々の人気キャラクターを描いている昭和40年生まれのキャラクターデザイナー・篠原保が制作に関わったオンラインモンスターバトルゲーム『ダークサマナー』のAndroid版がリリースされた。

篠原は、大学在学中の1987年に『超人機メタルダー』のキャラクターデザインに携わり、卒業後、雨宮慶太氏(映画監督・イラストレーター・キャラクターデザイナーとして活躍中)の主催する会社へ入社し、89年『高速戦隊ターボレンジャー』でキャラクターデザイナーとして本格デビューをはたした。その後、『地球戦隊ファイブマン』を皮切りに、『ゼイラム』『鉄機剣士・武王伝』『恐竜戦隊ジュウレンジャー』『五星戦隊ダイレンジャー』『仮面ライダーZO』など特撮作品を中心にキャラクターデザインやCGなど多数手がけ、現在も特撮キャラクターデザインを中心に、アニメや玩具等幅広い分野を手がけている。

その篠原が、App Storeで無料ゲーム国内1位を、北米でも9位を獲得した人気アプリ、モンスターバトルゲーム『ダークサマナー』のモンスターの一部のデザインを手がけているのだが、同ゲームが先日18日より、好評につき、全世界のGoogle Playに提供が開始された。

 

同ゲームは、日本のみならず世界でも人気の高いオンラインモンスターバトルゲームで、プレイヤーは軍を率いて、過酷なミッションや強大なボスに挑んでいく。総勢700種類以上登場するモンスターのイラストは、篠原をはじめ、雨宮慶太氏、韮沢靖氏、伊藤暢達氏など世界的にも有名なクリエイターが起用されている。興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。

 

Tamotsu Shinobara’s characters’ website

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

   

  1. コメントを募集しています。