ホーム > プロデューサーのつぶやき > 永遠のヒーローたち。

永遠のヒーローたち。

2010 年 3 月 18 日 プロデューサー コメント

世界平和を目指すプロミュージシャンを志すことにした俺は、
ときを同じくして、バイト先ですばらしい先輩と出会った。
「ミュージシャン、ましてやソングライターとして生きていくなら、
自分を磨かなければならないよ」
とすごいことを言われた。

 

だらしない格好や態度でつっぱらかって
「俺がロックなんだよ」とか「ブルースってのはさ」
なんて言っているのがカッコイイと思っていたのに、
その人は絵画などの芸術にたくさんふれろと言う。
映画を観て小説を読めと言う。
これにはまいった。
まるで先生じゃねーか!

 

でも、がんばって言われたとおりにした。
アパレル関係のデザイナーを目指すこの先輩こそが、
長いことミュージシャンばかりをヒーローとして崇めてきた
俺のヒーロー観を変えてくれたともいえる。
また、俺自身がヒーローを目指すという自覚が芽生えた。
だって、スーパーアイドルブルースロックマンになるのだからねぇ。

 

というわけでこの長かった物語も終わりにしよう。
ここからの俺のヒーローはあまりにも自分寄りで、
書き続けていっても共感するところが少ないだろう。
興味がある方は酒でも呑みながら語り合いましょう。

 

東京荒川区の下町で育った男の子は、
いつも心にヒーローを抱き、さまざまな変化を経てきた。
そして高3のときにできあがったヒーロー観は、今も変わらない。
すばらしい先輩や仲間、
心の美しさが文章からあふれ出ている作家、
取材や仕事を通して出会った方々などなど
俺にとってのヒーローは次から次へと現れ、そして大きな影響を与えてくれる。

 

もちろんすばらしいミュージシャンたちは、
今も変わらずヒーローです。
どうしてもトップをあげなさいと言われたら…、
うーん、やっぱりキースなのかもしれない(笑)。

 

えっ、なんでお前はミュージシャンじゃなく編集者なんだって?
人生はね、すべてが思い通りにならないからおもしろいの。

 

ベガーズバンケット/THE ROLLING STONESベガーズバンケット/THE ROLLING STONES
レットイットブリード/THE ROLLING STONES

レットイットブリード/THE ROLLING STONES

 

キースのギターはこの2枚が最高っす。なんど聴いてもカッチョイイとうなってしまう。

 

エモーショナルレスキュー/THE ROLLING STONES

エモーショナルレスキュー/THE ROLLING STONES

 

でね、キースの歌でもっとも好きなのが、
このアルバムをラストで締めくくる“オール・アバウト・ユー”なんだよねぇ。

  1. コメントを募集しています。