ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】SONYのハイエンドコンデジ『サイバーショットDSC-RX100』

【S40News!】SONYのハイエンドコンデジ『サイバーショットDSC-RX100』

2012 年 6 月 8 日 編集部員 コメント

ソニーは、有効2,020万画素の大型CMOSイメージセンサーと大口径F1.8レンズ、新たな画像処理エンジンを搭載するコンパクトデジタルカメラ『DSC-RX100』を6月15日より発売する。

 

『DSC-RX100』は、同社のコンパクトデジタルカメラシリーズ・サイバーショットの最上位機種に当たるモデルで、最高レベルの高画質と操作性、デザインにこだわったという一品だ。ポケットに収まるコンパクトサイズに、高品位な画質と細かな設定が可能な機能、快適な操作性を凝縮し、一眼レフカメラのサブカメラとしても満足できるワンランク上の製品を謳っている。

 

左がDSC-RX100のイメージセンサー。右はコンデジでよく使用される1/2.3インチサイズのイメージセンサー。とても大きいことがわかる

撮像素子には新開発の大型(1.0型)有効2,020万画素の『Exmor(エクスモア)』CMOSイメージセンサー、そしてレンズに新開発となる薄型非球面レンズ「AA(Advanced Aspherical)レンズ」を使用した大口径F1.8カールツァイス『バリオ・ゾナーT*(ティースター)』レンズを採用して、あらゆる焦点距離で優れた描写性能を目指し、従来のコンパクトカメラでは難しかった美しいぼけ味も実現しているという。また、画像処理エンジンには、新開発のイメージセンサーとレンズに最適化した『BIONZ(ビオンズ)』を搭載し、高速・高精度の処理、そして高感度撮影に対応している。

 

 

レンズはレンズは35mm判換算で28~100mm相当の画角をもち、F1.8-4.9の3.6倍ズームとなる。円形絞りのため美しいボケが期待できそうだ。また、RAW記録に対応しているのも特徴。連写はフル画素で毎秒10コマまで。ボディにガイドナンバー6の内蔵ストロボを搭載している。筐体にはアルミニウム素材を使い、手にした時の質感や重量感にもこだわったとしている。シンプルなデザインは所有感を高めそうだ。背面の液晶パネルには、屋外でも明るくて見やすい新開発のWhiteMagic(ホワイトマジック)を採用している。

 

高品質・高画質なコンパクトデジタルカメラを求めるハイエンドユーザーにも最適なモデル。『FUJIFILM X-Pro1/X10/X100』や『SIGMA DP1x/2x』など、レンズ固定型のライバルモデルのなかでも高画素であり、レンズ交換式の『Nikon 1』や同社のNEXシリーズにさえも脅かしそうな新モデルの登場だ。マーケットでどのような評価を受けるのか、大いに気になるところだ。実勢価格は7万円前後の予定。

 

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。