ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】より高度なサイクルトレーニングに対応したコンピュータ。

【S40News!】より高度なサイクルトレーニングに対応したコンピュータ。

2012 年 6 月 4 日 編集部員 コメント

brytonは、本格的なトレーニングが可能なGPSサイクルコンピューター『Rider40』を発売した。

 

健康のために自転車に乗る人が増えているなか、より本格的、定量的にエクササイズするためのアイテムがこの『Rider40』である。7つのトレーニングメニューがプリセットされており、すぐにでも本格的なトレーニングが可能なGPSサイクルコンピューターだという。もちろん好みのトレーニングメニューを自分で作ることもできる。

 

ANT+(アントプラス)規格に対応しているので、ANT+対応機器を使えば、ワイヤレスでケイデンスや、心拍数を表示・保存することが可能だ。また、GPS信号からスピードを計算して表示するため、初期設定などの煩わしさもない。トレーニングが終わったらパソコンを使って 専用サイト(www.brytonsport.com)に接続することで走行中に記録した様々な情報を確認、保存することができ、データ分析が可能だ。

 

GPS受信しながら最大30時間の連続使用が可能なので、長距離ライドにも対応する。本体サイズは45.1×71.9×17.3(mm)、本体重量は約54g。価格はケイデンス・ハートレートセンサー付属モデルが2万8,350円、単体は1万9,950円。

 

 

【Rider40 表示機能一覧】

・速度(現在速度、平均速度、最高速度)

・時刻(現在時刻、到着予定時刻、乗車時間、ルート所要時間、中継点までの時間、日の出、日没)

・距離(走行距離、目的地までの距離、中継地点までの距離、上り坂の距離、下り坂の距離、頂上までの距離)

・心拍数(現在、最大、平均、心拍ゾーン)※

・ケイデンス(現在、最大、平均)※

・パワー(現在、最大、平均、30 秒平均、3秒平均)※

・高度(現在高度、最高高度、累計上昇高度、累計下降高度)

・方向(進行方向、中継地点の方向)

・勾配

・温度

・ストップウォッチ

・タイマー

・消費カロリー

・オートスクロール(3~20秒の範囲で設定可)

・ラップ機能(手動、距離、位置、1,500ラップまで)

・バイク2台分の切り替え表示可能

 

※ケイデンスセンサー、ハートレートセンサーおよびパワーメーター使用時

 

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。