ホーム > プロデューサーのつぶやき > 〆切カウントダウン、その四

〆切カウントダウン、その四

2010 年 3 月 3 日 プロデューサー コメント

3月3日です。
 ♪お花をあげましょ、桃の花〜♪
そうです、春ですよー、みなさん。
〆切なんてやってちゃダメーっ!!
 ♪出かけませんか? もうすぐは〜るですねぇ、恋をしてみませんか?♪
と、現実逃避して恋をしたいくらい、
山積みとなったチェック原稿と闘う現場のみんな。
でもね、もう今日で完全に終わらせるのだ。

 

何時までかかってしまうかはわからないが、
明日には確実に印刷機が回り出す。
そして、8日の朝に完成した本が日本中へと旅立っていき、
3月11日は、いよいよvol.2の発売でーす。
 パチパチパチパチ。
と、無事にかわいい『昭和40年男』を旅へと送り出すために、
今日は最後のひと踏ん張りなのだ。

 

昨日も大ハプニングが発生したよ。
  「おがあ(副編の小笠原)、この○○のとこ原稿(制作に)入っているよな」
  「そのはずですが」――バタバタバタ(ったりめーだろが、俺を誰だと思ってやがると心の中)
  「一応確認してくれよ」
  「はい」――バタバタバタ(ったく、忙しいのになに言ってやがんでとまだまだ強気の心の中)
だがしばしの時間が経ち、蒼い顔したヤツがきて言った。
  「抜けていました…」
どっひゃーっ!!
明日だよ、明日で手離れしなければならないのにだよ。
どっひゃーっ!!

 

なんてったって、今回は取材対象人数がスゴイ。
特集タイトルは「タメ年たちのリアル」というもので、
ぬぁんと40人(40年男だからねって、あまり関係ないことにこだわったりするバカな俺です)
ものタメ年を、さまざまな切り口で取材してみたという、
ものすごく手間のかかるものだ。
だからしょうがないというわけじゃないが、
最後の最後にこういう事故も想定の範囲内なのだ(おーっ、かっこいいぞ)。

 

なんとか取材が仕切れたのが、
昨日夕方の6時からで、
写真などの具が編集部に届いたのが、
日が変わる直前の11時。
そして、今日午前中に原稿が届いて、
そっこーでチェックしてという進行だ。
イッツ・スリリング。

 

まっ、そんなトラブルはあったものの、
なんとか今日中には手を離すめどが付いた。
4日前から突如として始まったカウントダウンも今日でおしまい。
明日からはまた俺のヒーロー(音楽?)よた話を展開しながら、
今号の取材の舞台裏なんかをはさんでいくので、どうぞよろしく。

 

さっ、ラスト1日がんばるぞー。
待ってろよー、昭和40年男たち!!

  1. avatar
    ジョン
    2010年 3月 3日 23:09 | #1

    森友嵐士のインタビューが掲載されると聞いて飛んできました。機会があったら、森友嵐士とT-BOLAN特集やってほしいです。

  2. 書き込みありがとうございます。
    森友さんのHPに掲載されていたんですね。
    気がつきませんでした。

    そうなんです。
    森友さんの記事は3/11発売の『昭和40年男』に掲載予定です。
    とっても熱い話が聞けたいいインタビューでしたよ。
    どうぞお楽しみに。

    avatar
    プロデューサー