ホーム > プロデューサーのつぶやき > ブルースとソウルに魅せられて。

ブルースとソウルに魅せられて。

2010 年 3 月 8 日 プロデューサー コメント

キースという絶対的なヒーローがルーツとする音楽ということで、
黒人ブルースやソウルにも惹かれていった。
古くて黒っぽい音楽やチェスレーベルのブルース盤を買い漁り、
激動の音楽シーンに背を向けた格好になってしまった。
ここからの俺が掲げるヒーローには
あまり共感を得られないだろうが、名前だけさらっていこう。

 

オーティス・レディング、レイ・チャールズ、ハウリン・ウルフ、
ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド(とくにロビー・ロバートソン)、サム・クック、
ライトニン・ホプキンス、ジョン・リー・フッカー、マディ・ウォーターズ、
ニール・ヤング、ボブ・ディラン、マジック・サム、ジョニー・ウィンター、ピーター・ウルフ…etc.

 

こうしたルーツ探しをしながら
音楽への見解を深めていくのは、
ロックにハマって以来の常套手段(前述のクイーンからイエスのように)となった。
ところが、このキースから深いところへと旅立ったおかげで
得たものだけではなく、失ったものも存在したのだった。

  1. avatar
    bluekim
    2010年 3月 8日 10:00 | #1

    いえ、共感得まくりです。上記メンツにくわえ、
    僕はスティーブ・クロッパー、エイモス・ギャレット、ジェシ・エド・デイヴィス、
    Dr.ジョンそして英国勢(とくにDr.フィールグッド)が入ってきます。
    列記していたらキリがない。あっ、デラニー&ボニー、マリア・マルダー、レオン・ラッセルも!

  2. 共感いただき光栄です。
    ホント、キリがないですよね。
    スゴイ探求心と記憶力と集中力で音楽に体当たりしていました。
    きっと似たもの同士でしょうから、
    呑んだらさぞ楽しいでしょうね。
    それにしても、なんであれほど夢中にさせられたのでしょう? 

    avatar
    プロデューサー