ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】たまさぶろの9・11本が発売。

【タメ年たちの大活躍!】たまさぶろの9・11本が発売。

2012 年 4 月 1 日 編集部員 コメント

最新刊/電子書籍『My Lost New York―9・11から10年』(毎日企画サービス)¥840 ※「honto』『BooksV』などの電子書店で発売中

東京出身の昭和40年生まれの文筆家・たまさぶろが執筆した著書『My Lost New York ―9・11から10年』、『麗しきバーテンダーたち』が毎日企画サービスより電子書籍にて刊行された。

たまさぶろは大学卒業後、『週刊宝石』(光文社)や音楽雑誌などの編集者を務めた後に渡米し、ニューヨーク大学およびニューヨーク市立大学にてジャーナリズムや創作を学び、Berlitz Translation Services Inc., CNN Inc.本社勤務などを経て、帰国。帰国後は“食”や“酒”などを主なテーマに、『月刊プレイボーイ』(集英社・現在休刊)、『男の隠れ家』(朝日新聞出版)などへの寄稿を開始し、これまでに訪れたことのあるバーは日本だけで700軒を超えるという。ランキングと口コミで探せるグルメサイト『食べログ』には、バーだけで300軒以上を投稿している。

そのキャリアを活かし、執筆した著書『My Lost New York ―9・11から10年』では、同時テロ事件の翌日に粉塵舞うニューヨークへ渡り取材を敢行し、滞在していた90年代のニューヨークの様子やバーで交わした作家たちとの会話などを交え、“失われたニューヨークの10年”をエッセイ形式でまとめている。また『麗しきバーテンダーたち』は、北海道から九州でシェイカーを振る女性57人にインタビューし、バーテンダーになったきっかけやカクテルに寄り添う思い、職業観、夢や目標など本音を引き出しており、女性バーテンダーの活躍が目覚ましい昨今、麗しいバーテンダーたちが紡ぎ出す一杯に思わず会いにいきたくなる、そんな一冊になっている。

またSUNTORYのWEBサイト内にある『BAR-NAVI』も連載し、たまさぶろオススメの全国のホテルのバーを紹介している。ひとりで一杯呑みたい、そんな夜に、チェックしてみてはいかがだろう。

 

[たまさぶろ著書]

●電子書籍『麗しきバーテンダーたち』(毎日企画サービス)¥1,260円
『honto』SHARP STORE(GALAPAGOS)』『BooksV』『どこでも読書』などの電子書店で販売中

 

●単行本『ゆとりを愉しむ至福のBAR』(東京書籍)¥1,575

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

  1. コメントを募集しています。