ホーム > プロデューサーのつぶやき > なぜに、さだまさし?

なぜに、さだまさし?

2010 年 2 月 17 日 プロデューサー コメント

ギターを買ってくれるといった親父。
親父は小学生の低学年の頃から
俺にクラシック音楽を聴かせた。
俺もわりとはまり、ピアノを習いたいとお願いしたことがあったほどだ。
だがそのときは、長屋でピアノは無理だと言われあきらめた。
なのになぜ今回大丈夫だったのだろうか。

 

この日まで知らなかったことだが
親父もギターを習っていたことがあり、
音楽を奏でることのすばらしさをよく理解していたのだ。
それと、うるさいとかガチャガチャ音楽とか言いながらも、
ロックに夢中になっている息子の毎日を理解していたのだと思う。

 

こうして俺はギターを手に入れることに成功した。
その日から猛特訓が始まった。
古本屋で明星や平凡のおまけで付いている歌本を、10円とか20円とかで買ってきた。
「始めはコードを覚えた方がいい。それにはなんでもいいから曲を弾くのがいい」
先の友人からのアドバイスだ。
そして、今に続く音楽人生の記念すべき「いっとー最初に弾けた曲」は、
さだまさしの“天まで届け”だった(爆笑)。

 

天までとどけ

 

キーはDでコードは4つ。
Fのような人差し指で6本抑えるコードや難しいコードがなかったことが、
この記念すべき1曲目になった理由だ。
弾けたことのうれしさは大きかったが、
早くロックが弾きたいと思ったことも記憶している。

  1. コメントを募集しています。