ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】SONYサイバーショットのフラッグシップ機『DSC-HX200V』

【S40News!】SONYサイバーショットのフラッグシップ機『DSC-HX200V』

2012 年 2 月 29 日 編集部員 コメント

ソニーは、レンズ一体型デジタルカメラ『サイバーショットDSC-HX200V』を3月9日に発売する。

 

本機は、35mm版換算で27~810㎜という光学30倍のバリオ・ゾナーT*レンズを搭載し、高倍率・高画質を追求したサイバーショットシリーズのフラッグシップ機だ。“全画素超解像”技術によって、解像感を保ったまま光学ズームの2倍に当たる60倍相当の高倍率ズームを謳っている。

 

レンズの開放F値はF2.8~5.6で最短撮影距離は広角端でレンズから1cm(望遠端では2m)。撮像素子は1/2.3型有効1,820万画素裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”。画像処理エンジン“BIONZ”との組み合わせで高画質を実現しているという。AFスピードも速く、明るい場所で最速約0.13秒、暗所でも最速約0.2秒でのピント合わせを可能としている。さらに従来比約1/6となる低ノイズ化を図り、ISO12800相当の高感度撮影を楽しめるという。

 

背面には“TruBlackディスプレイ”を採用し、高コントラストの大画面・高精細(92.1万ドット)3.0型「エクストラファイン液晶」パネルを搭載する。可動する液晶面により、マルチアングルでの撮影にも対応している。

 

また、AVCHDフルハイビジョン(1080/60p)での動画撮影が可能で、光学式手ブレ補正と電子式の手ブレ補正とを組み合わせることで、より強力に手ブレを補正する光学式手ブレ補正(アクティブモード)を搭載しており、歩きながらの撮影や、ズーム時の撮影でも、手ブレを抑えて撮影することができるのが特徴。特に回転方向の手ブレ補正にも対応しているため、より高い手ブレ補正効果があるという。価格はオープンで、店頭予想価格は5万円前後の見込み。

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。